【2023】記事作成代行サービスを徹底比較!機能や価格・選び方を解説


記事作成代行サービスは、Webサイトの記事制作やWebコンテンツのライティングを代行するサービスです。業界の知見や記事の専門性に合わせて、ディレクターが適切なライターをアサインし、記事制作を包括的にサポートしてもらえます。

以下、記事作成代行サービスについて、それぞれの特徴や機能、契約プラン、利用レビューを紹介します。製品の選定に際して、導入メリットや選び方などの詳細を確認したい方は、選定ガイドをご参照ください。

記事作成代行サービスで注目のサービス
logo
サグーワークス
株式会社ウィルゲート
3.8
詳細を見る
logo
イノーバ
株式会社イノーバ
4
詳細を見る
logo
かくたま
サイトエンジン株式会社
4.7
詳細を見る

記事作成代行サービスの比較・レビュー

人気条件
絞り込み条件を追加する
1〜5件を表示/全6
並び順:
logo
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
61人が「利用した」しています。
サグーワークスは、株式会社ウィルゲートが提供する記事作成代行サービスです。文章レベルの要望と記事作成の難易度に合わせて柔軟に文字単価を提供。ライターのランクを、レギュラー・プラチナランクから選択することも可能です。SEO支援の実績を活かした独自の重複チェックシステムのツールを開発。Web上にある既存のサイト・コンテンツとの重複率が低い記事のみを納品します。20名以上の承認担当者を編成しており、目視での誤字脱字チェック、文章表現やルールに沿っているかなど、品質チェックも怠りません。

特長

  1. 文章レベルの要望と記事作成の難易度に合わせた柔軟な文字単価を提供
  2. 独自のコピペチェックシステムにより、他社とのコンテンツ重複を回避可能
  3. 担当者による目視チェック・校正と専任のディレクターによる品質管理

プラン・価格

  1. オンライン発注プラン
    0.75円/文字
  2. オーダーメイドプラン
    1.2円/文字
logo
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
11人が「利用した」しています。
イノーバは、記事作成代行サービスを提供しています。2,700名のライターコミュニティを運営しており、依頼者の業種・業界に合わせたライターをアサインできます。また、オウンドメディアスタートパックを提供。オウンドメディア構築・SFA/CRM連携などの一連の業務プロセスを一気通貫で構築することも可能です。さらに、将来的にインハウスでのコンテンツSEOを行いたいという要望に応え、多数の導入実績により蓄積したノウハウの共有やコンサルティングを行い、内製化をサポートします。

特長

  1. 2,700名のライターから、業界・業種にマッチしたライターをアサイン
  2. オウンドメディア構築・運用の一連の業務プロセスを一気通貫でサポート可能
  3. コンテンツSEOを内製化するにあたってのノウハウ共有にも対応

プラン・価格

  1. 利用料金
    6.5万円/記事数
logo

かくたま

サイトエンジン株式会社
4.7
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
7人が「利用した」しています。
かくたまは、サイトエンジン株式会社が提供する記事作成代行サービスです。1万記事以上の記事作成ノウハウと、大手企業様含む多数の導入実績を誇る本サービスは、チェックのための執筆ルール(レギュレーション)の整備などを通じて、コンテンツの品質向上を追求しており、デジタルマーケティング効果の最大化をサポートします。また、調査・企画から効果検証まで、コンテンツ制作の一連の工程をワンストップで対応可能。経験豊富なディレクターがメディアに合わせた最適なコンテンツ運用の提案を受けながら、事業成長を図ることができます。

特長

  1. 大手企業を含む豊富な導入実績と1万記事以上の記事作成ノウハウを提供
  2. 調査・企画・執筆・効果検証まで、SEOのための幅広い施策を代行
  3. 経験豊富なディレクターがメディアに合わせた最適なコンテンツ運用を提案

プラン・価格

  1. 文字単価
    4.5円/文字
logo
3.5
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
14人が「利用した」しています。
SAGOJOは、株式会社SAGOJOが提供する記事作成代行サービスです。20000名以上のワーカーが登録しており、海外在住のワーカーも多く在籍しています。そのため、海外旅行系記事のライティング業務代行に特化しています。また、「すごい旅人」という認定制度が用意されており、実績や高いスキル、影響力のあるライターに仕事を直接依頼することも可能です。動画制作・営業代行といったライティング以外の業務を委託することも可能なため、海外の撮影といった場合に人員を派遣する費用を節約することができます。

特長

  1. 世界各地に住んでいる2万人以上のワーカーが登録している
  2. 高いスキルや実績を持つ「すごい旅人」に仕事を依頼できる
  3. 動画撮影・営業代行といったライティング以外の業務の代行できる

プラン・価格

  1. 初期費用・月額費用
    問い合わせ
logo
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
11人が「利用した」しています。
記事作成代行ドットコムは、アドバンサー株式会社が提供する記事作成代行サービスです。独自の採用基準を通過した実力のあるライターだけが在籍。高品質な記事の作成が可能なほか、記事の用途に応じた文章の執筆に対応し、記事内容や書き方などの細かな指定を行えます。400社にものぼる制作実績があり、その経験・ノウハウを活かした記事制作のディレクションが可能。SEOに関する知見を持ったディレクターがライターを統括し、自社の意向に基づいたメディア運用を行います。

特長

  1. 独自の採用基準を通過した実力のあるライターが高品質な記事を作成
  2. 納期厳守率は、業界トップクラスの98.24%を誇る
  3. 記事制作だけでなく、SEOに配慮した施策を提案が可能

プラン・価格

  1. おまかせコース
    1円/文字
  2. こだわりコース
    3円/文字

記事作成代行サービスの選定ガイド


記事作成代行のサービス内容

記事作成代行と一口に言っても、依頼できる業務はさまざまです。主に以下のようなサービスが提供されています。

  1. コンテンツSEOの記事制作
  2. インタビュー記事・コラムの制作
  3. 広報・マーケティング媒体の記事制作
  4. LPなどのセールスコピーライティング
  5. その他のオプション

業者ごとにカバーしている業務範囲は異なり、ライティングの代行のみを受け付けている業者もあれば、調査や企画からプロジェクト全体をサポートしてくれる業者もあります。

1. コンテンツSEOの記事制作

記事作成代行サービスでは、自然検索からの集客を目的とするコンテンツSEOの記事制作を依頼できます。キーワード選定をはじめ、構成、ライティング、校正など、記事が完成するまでの作業を幅広くカバーしているサービスが多いです。

そのため、コンテンツSEOのノウハウに乏しい企業は、検索キーワードの把握からリライトまでディレクションを含めたコンテンツの作成を一貫して委託することもできますし、コンテンツ制作のリソースが足りない企業は、ディレクションは自社で行い、執筆や修正、コピペチェックは業者に任せるといった作業の分担を柔軟に組むこともできます。

2. インタビュー記事・コラムの制作

記事作成代行サービスでは、インタビュー記事やコラムなど、サイトのリッチ化やファン獲得を目的にした企画記事の作成も依頼することができます。

企画記事は、ユーザーとのタッチポイントや目的、見出しの構造など、コンテンツSEOとはまた異なるノウハウや専門性を持ったライターやディレクターがアサインされます。

業者によっては、ライティングだけでなく、取材や撮影等の記事制作に必要な業務もまとめて依頼することも可能です。

3. 広報・マーケティング媒体の記事制作

プレスリリースやメルマガなど、広報やマーケティングに活用するコンテンツも、作成代行を依頼することができます。業者によって専門・強みとする媒体が異なり、たとえばメルマガを専門的に請け負っている業者であれば、コンテンツの企画から配信まで一貫して代行してくれます。

得意とする分野や媒体は明確に分かれやすいため、過去の執筆事例を見せてもらうなどして、テイストや仕上がり具合を確認してから検討するとよいでしょう。

4. コピーライティングやセールスレター

LP(ランディングページ)やステップメールなどのセールスコピーのライティングを依頼できる専門サービスもあります。そのような専門人材にセールスコピーを意識したライティングを行なってもらうことで、ノウハウの補完をすることができます。

興味関心を惹き、購買意欲を高めるLPを作成するには、見やすいデザイン構成だけでなく、人の心を掴むメッセージの原理やセールスコピーの技法が求められます。

Web制作(LP制作)はできるが、コピーライティングは経験やノウハウを持つ人材に依頼したいといった場合には、代行会社に相談してみるとよいでしょう。

5. その他のオプション

記事作成代行サービスには、記事制作に付随する細やかな作業や記事作成後のマーケティング支援などのオプションが用意されています。

オプション例
  • 図版や画像素材の制作
  • 撮影
  • 専門家アサイン
  • SEOコンサルティング

たとえば、医師や弁護士などの専門家を監修者としてアサインしてくれたり、サイト全体の解析等のコンサルティングを行ってくれたりといったことです。

自社のリソースやノウハウの不足をカバーできるものがあれば、コストバランスを考慮して利用していきましょう。

記事作成代行サービスの活用メリット

記事作成代行サービスは、専門スキルをもつライターを多数保有しており、企業は、サービスの利用によって、以下のようなメリットを享受することができます。

  1. 社内工数を削減できる 
  2. 一定のペースと品質でコンテンツを作成できる
  3. 専門家に監修してもらえる

1. 社内工数を削減できる

いざメディアの運用を始めてみると、安定した成果を生み出せるようになるまでに想定していた以上に時間がかかり、リソースが確保できないという状況に陥ることがあります。

記事の作成を外注することでノウハウを持った人材の確保や教育、執筆にかかる工数が削減され、コア業務に充てるリソースを確保することができます。

2. 一定のペースと品質でコンテンツを作成できる

繁閑のニーズに合わせた人的リソースのコントロールをしやすいことも、代行サービスを活用するメリットです。多くのコンテンツを短期間で作成するとなると、自社内製ではどうしても人的リソースに課題が出てきます。定常的にコンテンツ制作を行うわけではなく、ピンポイントでの増員が難しいケースもあるでしょう。

そういった際に、記事作成代行サービスの外部リソースを必要に応じて利用することで、自社のリソースだけでは困難な、一定のペースと品質を確保したコンテンツ作成を続けることができます。

執筆やコピペチェックなど、社内で対応する必要がない業務は記事作成代行サービスに任せ、自社ではキーワードの選定や見出しの作成、納品記事のチェックを行う、というように分業することで、ペースを落とすことなく、品質を保った記事を作成することが可能です。

3. 専門家に監修してもらえる

記事作成代行作成サービスでは、特定の領域に詳しい専門家による執筆や監修、チェックを依頼することもできます。

たとえば、医療関係の記事を書く場合は、医師だけではなく薬事法や景品表示法などの法律関連のプロの監修も必要になることがありますが、そういった専門家との接点がなくコンテンツ制作を進められないということもあるでしょう。

また、専門家をライターとしてアサインしてもらい、業界特有の情報や最新のテーマについて、専門家の知見を交えた信頼性の高い記事制作を行うことも可能です。

記事作成代行サービスの選び方・比較ポイント

記事作成代行サービスを比較検討する際のポイントは下記4点です。

  1. クラウドソーシングかライティング専門か
  2. 得意領域・専門分野がマッチしているか
  3. コンテンツSEOの知見があるか
  4. 料金は明確に設定されているか

自社の現状課題や導入環境や体制などを整理し、導入目的を明確にした上で、それぞれのポイントを押さえた比較検討を進めていきましょう。

1. クラウドソーシングかライティング専門か

記事作成代行は、個人が執筆を請け負う「クラウドソーシング型」と企業が執筆を請け負う「ライティング専門型」の大きく2種類に分けられます。

クラウドソーシング型ライティング専門型
依頼先個人ライター専門企業
納品品質ばらつきがある一定
ライターのアサイン方法プラットフォームからライターを自社で選出してアサイン記事制作代行サービスが提携しているライターをアサイン
費用安い高い

クラウドソーシング型

クラウドソーシング型(マッチング型)は、複数のライターが登録しているプラットフォームに対して、自分で記事制作を発注する方式です。

納品物の仕上がりや専門性にはばらつきがあるため、記事のジャンル、目的、方向性などに応じてそれぞれ適任のライターを自社で探す必要があります。手間はかかりますが、その分費用を抑えることができます。

ライティング専門型

ライティング専門型は、代行会社のディレクターが、保有しているライターへ指示を出して記事執筆を行う方式です。

比較的費用は高くなる傾向がありますが、依頼できる業務範囲は広いです。また、適切なライターをアサインしてもらえるため、記事の品質を一定に維持することができます。

2. 得意領域と対応範囲がマッチしているか

記事作成代行サービスは、それぞれが異なる得意領域や専門性を持っています。自社の業種やコンテンツ施策の目的、解決したい課題にサービス内容がマッチするように、得意とするジャンルや委託できる業務範囲を入念にすり合わせておきましょう。

業者の比較検討の段階でマッチングを確認するには、各サービスサイトの事例を参考にする方法があります。事例には導入前の課題やサービスを選んだ決め手、改善したことなどが詳細に記されていることが多く、導入判断に有効な情報として利用することができます。

3. コンテンツSEOの知見があるか

検索をタッチポイントとしてサイト流入を増やしていくには、コンテンツSEOの対策を押さえた記事制作が求められます。

アサインされるライターのスキルやディレクターの経験に左右されるところではありますが、導入実績やお客様インタビューなどを参照し、SEO課題や対策のポイントが紹介されているか、該当メディアが上位表示されているかなどを参考に検討するとよいでしょう。

4. 料金は明確に設定されているか

記事作成代行サービスの料金は、文字単価(代行手数料含む)で設定されることが多いです。まずは過去の執筆実績から、設定されている文字単価が妥当な価格なのかを判断しましょう。

コストを抑えられることに越したことはありませんが、あまりにも安価な料金設定には注意が必要です。アサインするライターへの報酬が低い分、記事の品質が自社が求めているものに満たない可能性があります。

注目度の高いサービス
logo
サグーワークス
株式会社ウィルゲート
3.8
詳細を見る
logo
イノーバ
株式会社イノーバ
4
詳細を見る
logo
かくたま
サイトエンジン株式会社
4.7
詳細を見る
サービスを自身で比較する
商品をカートに入れたのに購入に至らず離脱する「カゴ落ち」の原因分析や離脱防止対策を行うツールです。
Webサイト上でチャットツールなどを用いて行うコミュニケーションなどの接客を支援するシステムです。
企業が社内で使用するサービスを連携させる統合プラットフォームシステムで、業務効率化に貢献します。
組織内に蓄積されるさまざまなデータを収集・分析・可視化するツールです。経営上の意思決定に役立ちます。
自社が出店する複数ECモールの運営管理を一元化するシステムです。在庫管理や商品登録を効率化します。
オウンドメディアの運用支援・施策代行サービスです。戦略立案・SEOコンサル・記事制作などにも対応します。