【2023】名刺作成・名刺印刷サービスを徹底比較!機能や価格・選び方を解説


名刺作成サイトは、Webサイト上やスマホアプリでの名刺作成と印刷注文ができるサービスです。デザインソフトが苦手な方でも、デザインテンプレートをカスタマイズして簡単に名刺を作ることができます。

デザインテンプレートのほか、紙質やサイズ、特殊加工までさまざまな選択肢が用意されており、自宅に居ながらデザインから注文、受け取りまで完了するため、会社のバックオフィスやフリーランスの方にも最適です。

以下、名刺作成・名刺印刷サービスについて、それぞれの特徴や料金プラン、利用レビューを紹介します。サービスの比較検討に際して、選び方や比較のポイントを確認したい方はそちらもぜひご参照ください。

名刺作成・名刺印刷サービスで注目のサービス
logo
ラベル屋さん
3Mジャパングループ
4.4
無料期間あり
詳細を見る
logo
パプリ名刺印刷
アスクル株式会社
4.7
詳細を見る

名刺作成・名刺印刷サービスの比較・レビュー

人気条件
絞り込み条件を追加する
1〜5件を表示/全5
並び順:
logo

ラベル屋さん

3Mジャパングループ
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
119人が「利用した」しています。
ラベル屋さんは、3Mジャパングループが提供する名刺作成サービスです。PC、スマートフォン、タブレットなど、あらゆるデバイスで名刺のデザインデータを作成できます。名刺デザインのテンプレートは600種類ほどあり、それぞれカスタマイズが可能です。また、約2500種類の印刷フォーマットがソフト内に登録されており、用紙の種類やサイズに合わせて印刷用データを作成できます。自社のプリンターですぐに印刷できるため、最短即日での名刺作成が可能です。

特長

  1. スマートフォン・PCで名刺のデザインデータを作成できる
  2. 約600種類のデザインテンプレートからデータ作成が可能
  3. 約2500種類の印刷フォーマットを選択可能

プラン・価格

  1. 初期費用・月額費用
    無料
logo
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
131人が「利用した」しています。
ラクスル 名刺印刷は、ラクスル株式会社が提供する名刺作成サービスです。2000万点の画像素材、49種類のフォントが用意されており、ブラウザ上で1からデザインデータを作成できます。業種ごとの絞り込み、カスタマイズが可能な400種類以上のデザインテンプレートの利用も可能です。また、一般的な名刺サイズのほか、欧米サイズ、小型サイズといった特殊な大きさの名刺を作成することができます。そのほか、用紙の印刷サンプルの請求にも対応しています。

特長

  1. 2000万点の画像素材と50種類のフォントを使ったデザイン作成が可能
  2. 欧米サイズ、小型サイズといった特殊な名刺サイズが利用できる
  3. 印刷用紙のサンプル請求が可能

プラン・価格

  1. 各種名刺印刷
    500円/100枚
logo
4.7
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
10人が「利用した」しています。
パプリ名刺印刷は、アスクル株式会社が提供する名刺作成サービスです。会員登録をすることで、初回返品保証サービスや初回割引サービス、無料の印刷サンプル請求といった特典を受けることができます。Web上でのデザイン作成が可能で、業種や用途に応じた100種類以上のデザインテンプレートを利用できるほか、名刺サイズの指定、箔押し・角丸などの特殊加工も可能です。AIによる名刺再現サービスを無料で利用可能で、現在使用している名刺の画像をアップロードするだけで、印刷データに変換することもできます。

特長

  1. 初回割引や返品保証など、会員限定特典を提供
  2. 欧米サイズ、小型サイズといった名刺サイズの指定と角丸・PP加工に対応
  3. 無料のAI搭載ツールで手持ちの名刺を再現できる

プラン・価格

  1. スタンダード名刺
    880円/100枚
  2. ハイスタンダード名刺
    1,260円/100枚
など
logo
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
13人が「利用した」しています。
【※2022年8月31日サービス終了】Vistaprint 名刺作成は、シンプレスジャパン株式会社が提供する名刺作成サービスです。わずか4ステップという少ない工数で、デザインデータの作成・注文が完了します。業種やテーマ・スタイルごとに分類された約5000種類のデザインテンプレートをブラウザ上で編集し、デザインデータを作成することが可能です。用紙の種類は、名刺用に厳選された4種類から選ぶことができます。また、自社で用意した写真・ロゴなどの素材データを画像(jpeg形式やpng形式)としてデザインテンプレートに差し込むことも可能です。

特長

  1. わずか4ステップでデータ作成から注文までが完了する
  2. カテゴリ別に分類された約5000種類のテンプレートを利用できる
  3. 厳選された4種類の用紙を使用できる

プラン・価格

  1. プレミアム名刺
    980円/100枚
  2. 文字DECO名刺
    1,980円/100枚
など
logo
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
7人が「利用した」しています。
プリスタ。は、株式会社ビットブレーンが提供する名刺作成サービスです。100枚150円~という業界最安値の価格設定であり、大阪市内の指定区域内であれば、14時までの注文で当日便が利用できます。また、600種類以上のデザインテンプレートをブラウザ上で編集してデザインデータを作成・入稿することが可能です。自社で作成したデザインデータの入稿にも対応しており、ai形式やpsd形式、Ofiiceソフトで作成したデータ(pdf形式)の入稿を行えます。

特長

  1. 100枚150円~という業界最安値の価格で名刺作成ができる
  2. 600種類以上のデザインテンプレートからデータの作成・入稿が可能
  3. 自社で作成したデータの入稿に対応している

プラン・価格

  1. ライトプラン
    150円/100枚
  2. スタンダード
    490円/100枚
など

名刺作成・名刺印刷サービスの選定ガイド


本記事では、名刺作成サイトについて、そのサービス内容や選び方のポイントを紹介しています。

名刺作成サイトの利用方法

名刺作成サイトで名刺を作成・印刷する方法は、大きく分けて以下の3パターンあります。

  1. テンプレート編集:Webサイト上やアプリでデザインテンプレートを編集する
  2. 自作データ入稿:デザインソフトで作成したデータファイルを入稿する
  3. 複製印刷:手持ちの名刺を郵送し、同じデザインで印刷する

どの方法を利用するかによって、サービスの選び方や重視すべき比較ポイントが変わってきます。

1. デザインテンプレートをWebサイト上やアプリで編集

名刺作成サイトは、デザインソフトを持っていなくても、Webサイト上や専用アプリを使って、準備されたデザインテンプレートを編集することで、名刺をデザインすることができます。

テンプレートを選んでテキストを入力するだけでよく、フォントやレイアウトなどのカスタマイズも簡単な操作で行えるため、デザインやツールの知識がなくても名刺作成が可能です。スマホやタブレットでの編集にも対応しています。

好みの名刺デザインを作成できるかどうか、各サービスのテンプレートの種類や編集機能をチェックしておきましょう。

2. デザインソフトで作成したデータを入稿

多くの名刺作成・印刷サービスでは、あらかじめデザインソフトで自作したデータファイルを入稿するシステムも準備されています。

対応できるファイル形式やサイズなど、サービスによって入稿規定が異なる点に注意しましょう。PDF形式に対応していれば、Adobe illustratorをはじめとするあらゆるデザインソフトのほか、WordやPowerPointでも入稿できます。

3. 手持ちの名刺をそのまま複製印刷

新しい名刺デザインを作るのではなく、現在使用している名刺を追加発行したい場合には、「そのまま名刺作成サービス」が便利です。手持ちの名刺を郵送するだけで、そのままのデザインで作成・印刷してもらうことができます。

今の名刺が気に入っているけど名刺のデータファイルを持ち合わせていない方、Web上でのデザイン編集が苦手な方におすすめです。

複製印刷の場合は、編集機能やデザインテンプレートは気にする必要がなく、用紙の選択肢や発行スピード、作成コストを重視してサービスを選ぶと良いでしょう。

名刺作成サイトの選び方・比較ポイント

名刺作成の方法が決まれば、以下のポイントに留意して、名刺作成サイトの比較検討を行いましょう。

  1. 用紙|質感や厚み、手に持った瞬間の印象を決める
  2. デザインテンプレート|数や種類だけでなく、検索性も重要
  3. オプション加工|文字やデザインにインパクトを持たせたい
  4. 料金プラン|リピート割引や小口注文でコスト削減

1. 用紙|質感や厚み、手に持った瞬間の印象を決める

デザインだけでなく「紙質」も名刺のクォリティを決める要素です。受け取った瞬間から印象に残る名刺を作りたいのであれば、取り扱っている用紙の種類が豊富なサービスがおすすめです。

質感や厚み、色合いなどの詳細を確認し、与えたい印象やビジネススタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

例:取り扱い用紙
  • 光沢紙
  • マットコート紙
  • ケント紙
  • 和紙
  • 凹凸紙
  • トレーシングペーパー
  • ラメ入り紙

上質紙や高級紙ではなくても、「紙質に気を配っている」というだけでも印象は変わります。最近は、ペットボトルや牛乳パック、間伐材を再利用したエコ名刺もその一つです。バナナの茎やとうきびの皮を利用した用紙もあり、「バナナペーパー」という言葉だけで名刺交換時の会話が弾みそうです。

2. デザインテンプレート|数や種類だけでなく、検索性も重要

名刺作成サイトでは、デザインテンプレートのカスタマイズによって、ひと目で印象に残る名刺や、自分らしさを演出する名刺を作成できます。

多くの名刺に埋もれず、周りとかぶらない名刺デザインにするには、豊富なテンプレートを取り扱っているサイトを利用するのが良いでしょう。

注意点としては、テンプレート数が多いだけでなく、気に入ったデザインに早くたどり着けるかという検索性も重要です。中には、「選択肢が多いゆえに、最初のテンプレート選びが大変」というユーザーレビューもあります。カテゴリやスタイルの分類があるか、詳細ページに飛ぶ前に一覧のサムネイル画像などでデザインを確認できるかなどの使い勝手の良さにも着目しましょう。

3. オプション加工|文字やデザインにインパクトを持たせたい

一風変わったインパクト重視の名刺を作成するのであれば、デザイン・紙質の上に「オプション加工」を施すという方法もあります。

例:オプション加工
  • 箔押し加工
  • 型押し加工(エンボス加工)
  • ミシン目加工
  • スジ入れ加工
  • 角丸加工

金箔を転写した箔押しや、文字やロゴに立体感を演出する型押しは、印刷では表現できない華やかさや、さりげない上品さがあります。同じデザインでも、どのオプションかによって異なる表情に仕上がるので、ビジネスシーンによって使い分けてみてもいいかもしれません。

4. 料金プラン|リピート割引や小口注文でコスト削減

名刺作成および印刷の基本料金は、「枚数 × 用紙の種類」で決まることが一般的です。注文枚数は、100枚一口あるいは100枚以上と設定されていることが多いですが、中には10枚ずつの小口注文に対応してくれることもあります。

また、注文回数に応じてリピート割引が受けられることもあり、社内で定期的に名刺印刷を注文する場合は利用するほどお得になるため、コスト削減の観点から割引条件を比較ポイントとして視野に入れてみても良いでしょう。

手持ちの名刺を複製印刷する場合は、初回は印刷料金に加えてレイアウト作成料が発生しますが、2回目以降は同じデータを利用して印刷料金のみの支払いで済みます。

注目度の高いサービス
logo
ラベル屋さん
3Mジャパングループ
4.4
無料期間あり
詳細を見る
logo
パプリ名刺印刷
アスクル株式会社
4.7
詳細を見る
サービスを自身で比較する
申請業務を効率化するシステムです。稟議書や報告書が自動作成でき、申請・承認・決裁処理を電子化します。
Web経由で給与明細を配布・閲覧するシステムです。スマホ連携、書面印刷、メール配信など選択可能です。
オフィス内に設置できる無人のコンビニサービスです。設置した冷蔵庫やケースから、商品を購入できます。
受付業務を自働化するシステムです。訪問者の入館対応や内線電話への取次ぎなどを全てシステムで行います。
労務管理業務を効率化するシステムです。従業員情報や帳簿の一元管理、社会保険の電子申請などができます。
従業員やその家族の安否確認を行えるシステムです。災害時の早期人材確保・事業復旧を実現します。