労務管理システムおすすめ5製品を比較口コミや選定ポイントを紹介


労務管理システムは、従業員情報を一元管理し、それに基づく労務管理業務、労務手続きを効率化するシステムです。業務範囲はシステムによってさまざまですが、これまで手作業で行っていた下記業務をシステム上で自動化・効率化し、労務管理の業務負担を大幅に削減します。

  • 入退社手続き:社会保険・雇用保険に関する書類、雇用契約書などの作成・提出
  • 年末調整手続き:源泉徴収票、扶養控除申告書、保険料控除申告書等の作成・提出
  • 各種帳票作成:従業員情報や手続き情報のデータに基づく帳票の自動作成
  • 電子申請:役所や関係する機関へ提出する書類の電子申請

以下、労務管理システムについて、それぞれの特長や機能、料金プラン、導入レビューを紹介します。製品の選定に際して、導入メリットや基本機能、選び方などの詳細を確認したい方は、選定ガイドをご参照ください。

※就業管理に特化した勤怠管理システム、給与管理に特化した給与計算ソフトの詳細については、別ページにて紹介しています。

労務管理システムで注目のサービス
logo
freee人事労務
freee株式会社
4.1
無料期間あり
資料ダウンロード
logo
WorQ
株式会社ThinQ Healthcare
4.3
無料期間あり
資料ダウンロード
logo
SmartHR
株式会社SmartHR
4.6
無料期間あり
資料ダウンロード

労務管理システムの選定ガイド


本記事では、労務管理システムについて、その役割や導入目的をわかりやすく解説しています。また、製品の選び方や比較のポイントも紹介していますのでぜひご参照ください。

労務管理システムとは

労務管理システムとは、社会保険や雇用保険への加入手続き、年末調整といった人事労務が担う労務管理業務を効率化するシステムです。従業員情報を一元管理し、これまで手作業で行なっていた書類の作成・転記、受け渡し、差戻しなどの煩雑で手間のかかる労務業務がシステム上で完結できます。

企業の労務管理業務は幅広く、システムによって対応できる業務範囲は異なりますが、一般的な労務管理システムでは以下のような業務の自動化・効率化が可能です。

  • 従業員情報:社員名簿の作成、自動更新
  • 入退社手続き:社会保険・雇用保険に関する書類、雇用契約書などの作成・提出
  • 年末調整手続き:源泉徴収票、扶養控除申告書、保険料控除申告書等の作成・提出
  • 給与明細管理:PCやスマホなどWeb上で閲覧できる給与明細の発行
  • 各種申請:役所や関係する機関へ提出する書類の電子申請

勤怠管理や給与管理を含む、全ての労務管理業務が1つのシステムに集約されているものもありますが、勤怠管理システムおよび給与計算ソフトが先行して普及していることもあり、それらのシステムと労務管理システムの一部機能を連携して効率化を図る企業も多いです。

【比較表あり】おすすめの労務管理システム4選

現在リリースされている労務管理システムの中から、実際のユーザー視点の使いやすさや外部システムとの連携などの比較ポイントを満たした、おすすめの労務管理システムを厳選して紹介します。

まずは比較表にて機能や料金プランなどの基本情報をまとめました。自社の状況に合わせてツールを選ぶ参考にしてください。

SmartHRジョブカン労務管理オフィスステーション労務WorQ
月額料金要問合せ無料プラン:0円/月
有料プラン:400円~/月
※ユーザー1名につき
400円~/月
※ユーザー1名につき
要問合せ
初期費用無料無料100,000円無料
無料トライアル

以下からは4つの労務管理システムのサービス内容や特長について、具体的に紹介していきます。

SmartHR|従業員数が多い企業におすすめ

※引用:SmartHR公式

SmartHRは、登録社数50,000社以上を誇る、人事・労務の業務を効率化しながら人事データを一元管理できる労務管理システムです。従業員がシステム上で必要な手続きを行うことができるので、自動でデータベースが更新されていき、常に最新で間違いのない人事データを簡単に一元管理できます。

特長
  • 人事労務業務にかかる時間を約88%※削減。大幅な工数削減が実現する
  • 蓄積したデータの分析・可視化が簡単で、タレントマネジメントまでできる

SmartHRを利用中の企業の状況、従業員構成比等を参考に、1,000名規模企業を想定して算出。

こんな企業におすすめ
  • 従業員数が多く、書類改修やチェック作業に時間をとられている
  • 人事評価や組織課題の発見を論理的に行いたい
  • バックオフィスで多様な業務改善システムをすでに利用している

【サービスのプランと料金】

プランと料金HRストラテジープラン
人事・労務エッセンシャルプラン
タレントマネジメントプラン

料金:要問合せ
販売会社株式会社SmartHR

【実際に使ったユーザーの口コミ】

ジョブカン労務HR|入退社手続きの多い企業におすすめ

※引用:ジョブカン労務HR公式

ジョブカン労務HRは、シリーズ累計導入実績200,000社を誇る、同シリーズの勤怠管理システムやワークフローシステムなどと連携して利用できる労務管理システムです。登録された従業員情報から手続きに必要な帳票を自動作成し、ワンクリックで役所への電子申請が可能です。

特長
  • あらゆる手続きの帳票作成を自動化、ワンクリックで申請できる
  • バックオフィス業務を効率化する8システムとシリーズ化
こんな企業におすすめ
  • 新入社員が多く、年末調整で時間がかかっている
  • これからバックオフィスのデジタル化を検討している

【サービスのプランと料金】

プランと料金無料プラン:0円/月
有料プラン:400円~/月
※ユーザー1名につき
販売会社株式会社DONUTS

【実際に使ったユーザーの口コミ】

オフィスステーション労務|社労士や税理士も納得の充実機能

※引用:オフィスステーション労務公式

オフィスステーション労務は、利用者数30,000社を超え、機能性の高さから継続率99.3%と選ばれている労務管理システムです。同シリーズに年末調整や勤怠管理システムがあり、それらと組み合わせて利用できるので、必要な時にいつでも機能を追加することができます。もちろん他社の給与ソフトや勤怠ソフトでもAPI・CSVで連携ができます。

特長
  • バックオフィス業務を効率化する5システムとシリーズ化
  • 金融機関並みのセキュリティ&24時間365日の監視体制
こんな企業におすすめ
  • バックオフィスで多様な業務改善システムをすでに利用している
  • これからバックオフィスのデジタル化を検討している

【サービスのプランと料金】

プランと料金400円~/月
※ユーザー1名につき
販売会社株式会社エフアンドエム

【実際に使ったユーザーの口コミ】

WorQ|入退社のタスク管理を簡単に

※引用:WorQ公式サイト

WorQは、人事労務のタスク管理を効率化することをコンセプトにした労務管理システムです。定期的に発生するいつもの業務をテンプレートで自動生成し、期限や担当者をはじめ、必要な情報を抜け漏れなくタスク化できます。

特長
  • 人事労務のタスク漏れを徹底的に排除する、自動生成機能や通知機能
  • メールやチャットツールと連携し、対象者へ自動でリマインド
こんな企業におすすめ
  • これからバックオフィスのデジタル化を検討している
  • 部門責任者のチェックがなかなか進まない

【サービスのプランと料金】

プランと料金要問合せ
販売会社株式会社ThinQ Healthcare

【実際に使ったユーザーの口コミ】

労務管理システムの導入メリット

労務管理システムの役割は、労務管理の業務プロセスを可能な限り自動化することによる「人事・労務の業務効率化」です。具体的には、以下のようなメリットに繋げることができます。

  1. 従業員情報の一元管理
  2. 書類の作成・管理を大幅に効率化
  3. 従業員と担当者双方の負担軽減

1. 従業員情報の一元管理

労務管理システムでは、住所や電話番号などの連絡先、事業所・部署・役職・雇用形態・入社年月日といった業務情報など、あらゆる人事情報が個々の従業員IDに紐づく形でシステム上に集約されます。

住所変更・扶養変更の手続きや人事異動がある度に、従業員情報が自動更新され、常に最新の情報にアクセス可能です。更新された従業員情報は、年末調整や雇用契約などの労務手続き、給与明細の項目にも即時に自動反映されるため、各種帳票への転記作業や手入力修正は必要ありません。

また、蓄積された従業員データは、労務関連業務だけでなく、人事評価やタレントマネジメントなどの人材育成・組織開発領域にも幅広く活用できます。

2. 書類の作成・管理を大幅に効率化

労務管理システムを導入すると、入社手続きや雇用契約、年末調整も全てペーパーレスとなります。書類の配布から回収、修正、役所への提出まで全てシステム上で完結可能です。

労務管理を紙の書面で行う場合、担当者は従業員に書類を配布し、記入してもらった内容を確認して提出用の書類に転記します。記入漏れや修正があれば差戻しをして再提出をお願いしなければならず、1枚の書類を作成するのに相当な時間と人的リソースが必要です。この点、労務管理システムでは手渡しでの配布・回収、転記の手間をカットできます。

また、紙ベースでの管理とは変わって、大量の書類を保管するスぺ―スは不要になります。従業員情報と合わせて書類もデータで管理できるようになるため、整理や検索も容易です。書類の種類や部署でソートをかけたり、作成日時順に並べ替えたり、従業員に紐づく書類を一覧表示したりと、その時に必要な書類をすぐに探し出すことができます。

3. 従業員と担当者双方の負担軽減

書類作成をシステム上で行うことは、労務管理の担当者だけでなく従業員側の負担軽減にも繋がります。

労務管理システムでは、従業員が直接システムにアクセスし、自分の情報を入力する仕様となっていることが多いです。各書類のフォーマットは項目指定や入力補助が付帯しており、年末の人事部への質問ラッシュを削減できるでしょう。また自動エラーチェックによって、抜け漏れや不備がある場合は提出に進めないようになっているため、差戻しの発生を防ぐことができます。

また、管理画面上では、各従業員の進捗ステータス(未提出・入力中・修正中・完了)や部門ごとの提出状況がひと目で把握でき、期限が近づいてきたら自動でリマインド通知を配信する設定も可能です。

紙の書類申請プロセスから可能な限り無駄を削減することで、申請や手続きの完了スピードが遥かにアップするため、労務管理システムの導入は担当者にも従業員にもメリットがあると言えるでしょう。

労務管理システムの選び方・比較ポイント

労務管理システムが自動化・効率化に対応している業務範囲は、各サービスともに拡張を続けていますが、企業の全ての労務管理業務をカバーするものは少ないです。

また、カバーする業務範囲が広くなるほどコストも比例して上がっていき、サービスによって注力している業務や細かい機能にバラつきもあるため、効率化させたい業務に優先順位を付けて、コストバランスを見ながら絞り込みをかけていくのも一手です。

自社の現状課題から、これから効率化したい業務範囲を洗い出し、導入目的を明確にした上で、具体的には以下の比較ポイントをチェックしていきましょう。

  1. 外部システムとの連携
  2. 従業員目線の使いやすさ
  3. 電子申請への対応

1. 外部システムとの連携

労務管理システムがカバーする業務範囲や機能の充実度によっては、他のシステムと併用して業務効率化を図った方が良いケースもあります。既に勤怠管理や給与計算は別のシステムを利用しているという企業も多いのではないでしょうか。

そのほか、人事評価システムタレントマネジメントシステム健康管理システムなど、従業員データを活用したい既存ツールがあれば、それらとのデータ連携がスムーズに行えるかどうかが重要なポイントとなります

CSVデータのインポートとエクスポートを利用すればデータ連携自体は可能なものでも、連携自体が手作業になってしまうため、可能な限り各システムとAPI連携ができるものが望ましいです。

労務管理・勤怠管理・給与計算・ワークフローなど、シリーズ製品を取り扱っているサービスでは、当然ながらデータの同期も容易なので、一気に導入したい際にはシリーズ製品が選択肢となるでしょう。

2. 従業員目線の使いやすさ 

多くの労務管理システムは、各種書類の従業員情報を従業員自身に入力してもらう仕組みになっていますが、入力画面のデザインや申請の進め方はシステムによって大きく異なります。

たとえば、記入方法が難しい年末調整関連の書類は、画面に表示される質問に選択肢形式で答えていけば、入力が完了するようなシステムもあります。

できる限り申請の差戻しや質問のやり取りが発生しないように、従業員がストレスなく正確に入力できるシステムを選びたいものです。操作性や見やすさをチェックする際には、管理者目線だけで判断しないように注意しましょう。

3. 電子申請への対応

労務管理領域では、役所や各機関への届出が必要な項目が複数あります。ここで書類の電子申請に対応しているシステムであれば、提出へ出向く手間は必要ありません。

実際のところ、雇用保険や健康保険をはじめ、既に一部の人事労務手続きに関しては、電子申請が義務化されています。2020年4月施行の義務化の対象は大企業(資本金又は出資金の額が1億円超の法人等)となっていますが、今後は中小企業へも拡大していく見込みです。

この方針を受けて、各サービスも電子申請への対応を拡張していくと予想されますが、現状は未対応なシステムもあるため、今後の展開も視野に入れた判断が求められます。

労務管理システムに関するよくある質問

おすすめの労務管理システムを教えてください。

労務管理システムは「SmartHR」「jinjer労務」「ジョブカン労務HR」がおすすめです。それぞれ労務管理システムの中で大きなシェアを占めています。

 

労務管理システムを選ぶポイントとして「外部システムと連携できるか」「現場目線での操作性は良いか」「自社が必要としているサポートはあるか」の3点が大事ですが、紹介した3つのシステムを提供する会社は、バックオフィス全般のサービスも同時展開しているため、連携性に優れていることに加え、ユーザーフレンドリーな操作性、トータルなサポートを提供しています。

労務管理システムでできることを具体的に教えてください。

労務管理システムは、従業員情報を一元管理し、それに基づく労務管理業務、労務手続きを効率化するシステムです。

 

業務範囲はシステムによってさまざまですが、これまで手作業で行っていた下記業務をシステム上で自動化・効率化し、労務管理の業務負担を大幅に削減します。

 

①入退社手続き:社会保険・雇用保険に関する書類、雇用契約書などの作成・提出

②年末調整手続き:源泉徴収票、扶養控除申告書、保険料控除申告書等の作成・提出

③各種帳票作成:従業員情報や手続き情報のデータに基づく帳票の自動作成

④電子申請:役所や関係する機関へ提出する書類の電子申請

労務管理システムの比較・レビュー

人気条件
絞り込み条件を追加する
1〜7件を表示/全7
並び順:
logo
労務管理システム
無料期間あり
注目サービス

freee人事労務

freee株式会社
4.1
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
68人が「利用した」しています。
freee人事労務は、労務業務の効率化と人的ミス防止を一挙に目指せるマルチデバイス型クラウド人事労務ソフトです。あらゆる人事情報をfreeeに集約することで、人事労務の提携業務を網羅的にカバーし、必要に応じて様々なサービスと自動連携できる拡張性を持ち合わせています。労務・勤怠・給与を一気通貫で利用可能、労務業務の効率化と人的ミスの防止を同時に実現します。

特長

  1. 日本初の中小企業向け統合型クラウド人事労務ソフト
  2. 労務・勤怠・給与を一気通貫で利用可能、労務業務の効率化と人的ミスの防止を同時に実現
  3. 充実したシステム連携

プラン・価格

  1. ミニマムプラン
    400円/月額/人
  2. スタータープラン
    600円/月額/人
など
詳細を見る
logo
労務管理システム
無料期間あり

WorQ

株式会社ThinQ Healthcare
4.3
  • avatar
  • avatar
  • avatar
4人が「利用した」しています。
WorQは、株式会社ThinQ Healthcereが提供するバックオフィス特化型タスク管理システムです。これまでに100社以上の入退社手続き担当者にヒアリングを重ね、複雑に事情が入り組んだ入退社オペレーションの課題を解決するために開発されました。幅広い職種の方が使いやすいよう、サービスを使いこなすための特別な技能を必要としないわかりやすい画面設計になっています。タスク群をテンプレート化し、毎回発生するタスクを簡単に自動生成する機能は、入社・異動・退社など繰り返し行われる業務に合わせた仕様です。関連するメッセージのやりとりをWorQ上に集約できるメンション機能や、タスク漏れを防ぐリマインダー機能もあり、これらの通知はメールの他にSlack、Chatworkなどにも届けることができます。

特長

  1. 繰り返しのタスクはテンプレート化し毎回自動生成
  2. 柔軟な設定ができることで、良質な通知体験を実現し、タスク漏れを防げる
  3. ISMS認証の取得&外部ベンダーによる脆弱性診断

プラン・価格

  1. 初期費用
    0円
  2. トライアルプラン
    無料
など
詳細を見る
logo
労務管理システム
無料期間あり
注目サービス

SmartHR

株式会社SmartHR
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
135人が「利用した」しています。
SmartHRは、株式会社SmartHRが提供する労務管理システムです。入社や各種手続きに必要な情報を社員が直接入力でき、社会保険・雇用保険などの手続きは1クリックで役所に電子申請可能なため、非常に効率良く労務管理を行えます。手続きで入力した情報は、自動的にSmartHRの社員名簿に登録されるため、最新かつ正確な社員情報を一元管理することができます。雇用契約書や秘密保持誓約書などの雇用契約に関する文書にも対応しており、オンラインで契約を完結させることができます。

特長

  1. 社員が必要情報を直接入力、電子申請対応で効率の良い労務管理を実現
  2. 手続きで入力した情報は社員名簿に自動登録
  3. 雇用契約に関する人事文書もオンラインで完結できる

プラン・価格

  1. 初期費用
    0円
  2. 月額費用
    0円
など
詳細を見る
logo
労務管理システム
無料期間あり
注目サービス

ジョブカン労務管理

株式会社 Donuts
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
110人が「利用した」しています。
ジョブカン労務管理は、株式会社 Donutsが提供する労務管理システムです。社員に自身の社員情報を入力依頼することで、その情報をもとに帳票を自動で作成することができます。さらに電子申請にも対応しているため、労務の業務効率を向上させることができます。マイナンバーを含めた社員情報を一元管理できるだけでなく、項目のカスタマイズが可能なうえ、情報の履歴も管理可能です。SSL暗号化対応、閲覧履歴の確認、IPアドレス制限といった豊富なセキュリティ対策が講じられており、安心して運用できます。

特長

  1. 帳票の自動作成機能と電子申請対応で労務の業務を効率化
  2. 社員情報だけでなく、履歴やカスタマイズした項目も一元管理
  3. ISO27001を取得した強固なセキュリティ環境下で運用が可能

プラン・価格

  1. 初期費用・フリープラン
    0円
  2. 月額費用
    400円/月額
など
詳細を見る
logo
労務管理システム
無料期間あり
注目サービス

オフィスステーション労務

株式会社エフアンドエム
4.8
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
6人が「利用した」しています。
オフィスステーション労務は、株式会社エフアンドエムが提供する労務管理システムです。入社・退職・年末調整などの人事労務に関わる帳票が119種類も用意されており、業務のペーパーレス化を実現できます。e-Gov外部連携APIに対応しているため、電子証明書の取得を行うだけで社会保険・労働保険の電子申請を開始できます。法改正にも自動で対応するため、面倒な作業を行う必要がありません。電話応答待ち時間0分、問い合わせ解決率100%のサポートデスクによって運用に関する疑問もすぐに解決できます。

特長

  1. 人事労務に関わる119種類の帳票に対応、行政への電子申請も可能
  2. e-Gov外部連携API対応、法改正自動対応で面倒な作業を削減
  3. 電話応答待ち時間0分、問い合わせ解決率100%のサポートデスク

プラン・価格

  1. 初期費用
    0円
  2. 月額費用
    900円~/月額
詳細を見る
logo
労務管理システム
無料期間あり
注目サービス

ジンジャー人事労務(社保手続き)

jinjer株式会社
2.5
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
13人が「利用した」しています。
ジンジャー人事労務(社保手続き)は、jinjer株式会社が提供する人事労務管理システムです。CSVアップロードによって社員情報を一括登録し、蓄積した情報から書類の自動作成を行えます。e-Gov連携に対応しているため、電書類の電子申請を利用できます。従業員の情報を活用することで進捗を管理することが可能で、管理者は社員全員の状況把握が可能です。また、ジンジャーシリーズは人事労務管理の他にも、勤怠管理や経費精算など、5種類のプロダクトが用意されており、各プロダクトと連携することで一元管理することができます。

特長

  1. CSVで社員情報を一括登録でき、書類の自動作成、電子申請が可能
  2. 従業員一人ひとりの状況把握が容易に可能
  3. 勤怠管理や経費精算などとのシームレスな連携が可能

プラン・価格

  1. 初期費用
    要問合わせ
  2. 月額費用
    800円〜/月額
詳細を見る
logo
労務管理システム
無料期間あり
注目サービス

Zoho People

株式会社ゾーホージャパン
  • avatar
  • avatar
2人が「利用した」しています。
Zoho Peopleは、株式会社ゾーホージャパンが提供する労務管理システムです。従業員が入力したデータを同期、すべて一元化して管理することで、人事評価や従業員からの問い合わせ対応を効率的に行えます。人事評価に利用できる多くの機能が搭載されており、従業員同士が相互に評価できるフィードバックシステムや成長目標の設定機能によって、より正確な人事評価が可能です。分析機能も充実しており、従業員の離職傾向を把握したり、業務時間ごとの個別のパフォーマンスを測定したりすることで労働環境の改善に貢献します。

特長

  1. 入力データをすべて一元化、一覧で管理可能
  2. 従業員の相互評価、成長目標の設定により正確な人事評価が可能
  3. 高度な分析により離職傾向の把握、時間ごとのパフォーマンス測定が可能

プラン・価格

  1. 初期費用
    問い合わせ
  2. エッセンシャルHR
    100円~/月額
など
注目度の高いサービス
logo
freee人事労務
freee株式会社
4.1
無料期間あり
資料ダウンロード
logo
WorQ
株式会社ThinQ Healthcare
4.3
無料期間あり
資料ダウンロード
logo
SmartHR
株式会社SmartHR
4.6
無料期間あり
資料ダウンロード
サービスを自身で比較する
6サービスの資料をダウンロードします
リストの製品を資料請求する
申請業務を効率化するシステムです。稟議書や報告書が自動作成でき、申請・承認・決裁処理を電子化します。
Web経由で給与明細を配布・閲覧するシステムです。スマホ連携、書面印刷、メール配信など選択可能です。
オフィス内に設置できる無人のコンビニサービスです。設置した冷蔵庫やケースから、商品を購入できます。
受付業務を自働化するシステムです。訪問者の入館対応や内線電話への取次ぎなどを全てシステムで行います。
労務管理業務を効率化するシステムです。従業員情報や帳簿の一元管理、社会保険の電子申請などができます。
従業員やその家族の安否確認を行えるシステムです。災害時の早期人材確保・事業復旧を実現します。