【2023】クラウドソーシングサービスを徹底比較!機能や価格・選び方を解説


クラウドソーシングは、オンラインでマッチングしたワーカーに特定の業務を発注できるサービスです。発注者はコンペ、プロジェクト、タスクなどの形式で業務の発注ができます。特定の領域にスキルを持つ人材を確保できるため、自社の繁閑ニーズに合わせて人材リソースをコントロールして生産性を高めることが可能です。

以下、クラウドソーシングについて、それぞれの特徴や機能、契約プラン、導入レビューを紹介します。製品の選定に際して、導入メリットや選び方などの詳細を確認したい方は、選定ガイドをご参照ください。

クラウドソーシングサービスで注目のサービス
logo
クラウドワークス
株式会社クラウドワークス
4.3
無料期間あり
詳細を見る
logo
ランサーズ
ランサーズ株式会社
4.2
無料期間あり
詳細を見る

クラウドソーシングサービスの比較・レビュー

人気条件
絞り込み条件を追加する
1〜5件を表示/全5
並び順:
logo
クラウドソーシングサービス
無料期間あり
注目サービス

クラウドワークス

株式会社クラウドワークス
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
1176人が「利用した」しています。
クラウドワークスは、株式会社クラウドワークスが提供するクラウドソーシングサービスです。ユーザー数、国内シェア、取引額がクラウドソーシングサービス業界No.1の評価の高さで、ユーザー数は300万人に上ります。開発から簡単な作業まで幅広いタスクを依頼でき、仕事の掲載から応募が来るまで最短1分です。発注金額は予算に合わせて設定でき、手数料もかかりません。また、多くのユーザーから届く提案の中から最適な価格を選ぶこともできるため、適正価格で業務を発注することが可能です。納品物の品質も担保されており、大企業から政府を始め、70万社以上が利用しています。

特長

  1. 国内シェア、取引額、ユーザー数No.1。300万人が登録するサービス
  2. 手数料不要で、発注金額は予算に合わせて設定可能
  3. 大企業や政府を始め、70万社以上が利用。納品物の品質もしっかり担保

プラン・価格

  1. 初期費用
    0円
  2. 掲載オプション
    問い合わせ
logo
クラウドソーシングサービス
無料期間あり
注目サービス

ランサーズ

ランサーズ株式会社
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
592人が「利用した」しています。
ランサーズは、ランサーズ株式会社が提供するクラウドソーシングサービスです。オンライン仕事発注の運営歴最長の運営実績を持ち、ユーザー満足度・リピート率共にNo.1を獲得しています。依頼者のさまざまな要望に対応できる200以上の業務依頼が可能で、大手から中堅・中小・ベンチャーまで、全国35万社以上が利用しています。法人プランの提供も行っており、法律上必要な書類の取得や後払い手数料が無料、優秀な人材に依頼できるなどのサービスを提供。また、クリエイティブに特化した月額固定制の「クリエイティブエージェント」サービスも提供しています。

特長

  1. 200種類以上の業務の発注が可能で、全国35万社以上が利用
  2. 法律上の必要書類取得が可能。安心安全でお得に利用できる法人プラン
  3. 月額固定制の「クリエイティブエージェント」サービスで制作リソースを確保

プラン・価格

  1. 初期費用・基本プラン
    0円
  2. Plus
    5,000円/月額
など
logo
3.3
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
22人が「利用した」しています。
Yahoo!クラウドソーシングは、ヤフー株式会社が提供するクラウドソーシングサービスです。特定の専門性や知識を必要とせず、誰でも取り組めるユーザーリサーチやデータ整理など細かく細分化された課題を依頼することができます。1つのタスクにおける作業時間は数分から1時間程度で完了するような簡単な作業に最適です。企業独自でタスクを行うよりも、かかっていた時間は10分の1、コストも40%ダウンできるなど、スピードアップとコスト削減に貢献します。成果物の品質のチェック機能も搭載しており、ユーザーのブラックリスト機能も搭載しています。

特長

  1. 特定の専門性や知識不要の、ユーザーリサーチやデータ整理タスクの依頼が可能
  2. 大量タスクのスピードアップ、コスト削減に貢献
  3. 品質チェック機能で成果物の精度を担保

プラン・価格

  1. 初期費用
    0円
  2. 1タスク利用料
    10円〜
など
logo

Craudia

株式会社エムフロ
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
13人が「利用した」しています。
Craudiaは、株式会社エムフロが提供するクラウドソーシングサービスです。システム手数料・キャンセル料・一括招待機能・完全非公開設定など、他社サービスではオプションとして料金が発生する内容もすべて無料で利用できます。会員登録数は100万人と豊富な経験と実績を持つユーザーに発注が可能。事務や軽作業、ライティング・翻訳から開発まで、総合型のプラットフォームのため、依頼作業でサービスを切り替える必要がありません。受託サービスの提供も行っており、依頼から納品までアウトソースが可能。ミスマッチを防ぎ、品質・納期を担保した外注を実現します。

特長

  1. 業界最安値の利用手数料でさまざまなスキルを持つ100万人のユーザーに発注可能
  2. 多様な業務に対応可能な総合型プラットフォーム
  3. 品質・納期を担保し、依頼から納品までをCraudiaが行う受託サービスを提供

プラン・価格

  1. 初期費用
    0円
  2. オプション料金
    問い合わせ
logo
クラウドソーシングサービス
無料期間あり
注目サービス

ワークシフト

ワークシフト・ソリューションズ株式会社
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
9人が「利用した」しています。
ワークシフトは、ワークシフト・ソリューションズ株式会社が提供するクラウドソーシングサービスです。世界210ヶ国、12万人以上が登録している、日本最大級の外国人登録者数を誇ります。さまざまな専門知識を持つ各国のプロに、ビジネスに関する相談や仕事を依頼することができます。登録者の20%は日本語が利用でき、決済は円で行われます。依頼できる仕事は、翻訳・通訳、海外調査、デザイン、多言語LP作成など160種類を超え、海外進出を目指す企業のさまざまな業務を支援します。初めての外国人材を活用する場合でも安心して利用できるよう、ワークシフトの専門スタッフがサポートを行うソリューションサービスを提供。定期的な大量発注や専用チームのカスタムメイドでの構築なども可能です。

特長

  1. 世界210ヶ国、12万人以上が登録する日本最大級の外国人登録者数
  2. 依頼できる仕事種類は160種類以上。海外進出を考える企業をサポート
  3. ワークシフトの専門スタッフによるソリューションサービスも提供

プラン・価格

  1. 初期費用
    0円
  2. ワークシフトビジネス
    問い合わせ
など

クラウドソーシングサービスの選定ガイド


本記事では、クラウドソーシングについて、その役割や導入メリットを紹介しています。

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングは、オンラインでマッチングした人に特定の業務を発注できるサービスです。発注形式は大きく4つに分類されており、依頼する業務ごとに適した発注方法があります。依頼者は発注形式の違いを押さえたうえで、任せたい業務をどの依頼形式で頼むのかを決めることができます。

発注形式 特徴業務例
プロジェクト形式・掲載案件に対して受注者が出した条件に合ったものを採用する
・発注者が納品物や業務実績を確認、承認して受注者に報酬を支払う
・ライティング
・システム開発
・映像制作
・Webサイト作成
コンペ形式・多くの受注者から提案を募れる
・受注者の提案から気に入った提案に対して報酬を支払う
・ロゴ
・イラスト
・ネーミング
タスク形式・受注者と金額や納品日等を擦り合わせて契約可能
・時間単価もしくは固定額で報酬を支払う
・アンケート
・レビュー
・データ入力
・文字起こし

クラウドソーシングの活用メリット

クラウドソーシングを利用することで得られる効果やメリットは下記の通りです。

  1. 時期に合わせて人的リソースを確保できる
  2. 採用コストや固定費がかからない
  3. コア業務の生産性を高めることができる

1. 時期に合わせて人的リソースを確保できる

クラウドソーシングは、特定の領域で専門性や知見のある人材にスポットで業務を依頼することができるため、急にチームメンバーが抜けてしまった時や年末時期など、繁閑のニーズに合わせて人的リソースを確保することが可能です。

2. 採用コストや固定費がかからない

クラウドソーシングは、給与や期間などの条件を指定した案件に対して、受注者が応募する仕組みのため、特定の依頼先をわざわざ探す必要はありません。また、正社員やパートの雇用とは異なり、給与支払いなどの労務処理も必要ないため、人件費を抑えることができます。

3. コア業務の生産性を高めることができる

単純な定型作業からスキルや専門性を要する業務まで、クラウドソーシングでは、企業活動における一般的な業務のほとんどを依頼することが可能です。そのため、社員は企画の立案などのコア業務にリソースを充てることができます。

スタートアップなどの規模の小さい会社にとって、クラウドソーシングの活用は非常に有効な手段の一つです。

クラウドソーシングのデメリット

クラウドソーシングにはさまざまな人材が登録しており、能力にばらつきがあるため、一定の水準は担保されていません。

そのため、相手の能力は成果物でしか判断することができず、成果が自社の求める水準に満たなかった場合、再度適切な人材を探さなければなりません。この相性のマッチ率の低さがクラウドソーシングのデメリットと言えるでしょう。

クラウドソーシングで起こりうるトラブルを回避する方法

クラウドソーシングの受注者とのコミュニケーションは、ほとんどオンラインで行われます。認識齟齬によりトラブルが発生することもあるでしょう。起こりうるトラブルを念頭に置いたコミュニケーションに努め、また仮にトラブルが発生した場合でも適切な対処を決めておくことで、損失を最小限に抑えることができます。

以下の4つの方法を念頭に置くことで、トラブルを最小限に抑えることができます。

  1. 口頭での認識合わせは議事録を残しておく
  2. 仕様書をわかりやすく書く
  3. コミュニケーションの頻度を上げる
  4. 運営会社にトラブルが起こった際の解決方法を聞いておく

1. 口頭での認識合わせは議事録を残しておく

打ち合わせの際に、認識の齟齬が生まれないよう共有機能があるドキュメントに期限や成果物などの打ち合わせ内容をメモしておきましょう。

万が一、納品物や作業内容が依頼したものと異なり、指摘した際に言った・言わないの水掛け論になってしまうと関係が悪化してしまい、加えて無駄な時間を消費してしまいます。

2. 仕様書をわかりやすく書く

まず、納品物のイメージやスケジュールなどを明記した仕様書を作成しておきましょう。仕様書は自社が求めている内容をわかりやすく明記することで、認識齟齬を防止します。お互いに同じ成果物をイメージできているとコミュニケーションもスムーズにとれるでしょう。

仕様書をわかりやすく書くポイント
  • 5W1Hに沿ってまとめる
  • 文章で表すのが難しい部分はイメージ画像を使う
  • 専門用語は相手に合わせた使い方をする

3. コミュニケーションの頻度を上げる

受注者とは連絡をこまめに取り、納品スケジュールに合わせて進捗状況やクオリティの確認を行いましょう。

受注側の進捗と完成度の確認を怠ると、納品日になって全く進展がないことに気づけなかったり、わずかなズレを修正できず、気づかないうちにイメージとはかけ離れたものが完成してしまう恐れがあります。

4. 運営会社にトラブルが起こった際の解決方法を聞いておく

クラウドソーシングサービスを利用する際は、利用ガイドとFAQに目を通したうえで、トラブル発生時の解決方法を聞いておきましょう。特にお金のやり取りに関するトラブルは発生しやすいため、詳細まで確認しておきたい部分です。

注目度の高いサービス
logo
クラウドワークス
株式会社クラウドワークス
4.3
無料期間あり
詳細を見る
logo
ランサーズ
ランサーズ株式会社
4.2
無料期間あり
詳細を見る
サービスを自身で比較する
従業員の組織エンゲージメントや生産性向上を目的に、従業員のモチベーション管理を行うシステムです。
従業員情報(スキル・実績)をデータ化し一元管理するシステムです。人材の適正配置や人材育成に活用できます。
「労働安全衛生法」に沿って健康診断・ストレスチェックなどの健康管理業務をサポートするシステムです。
人材派遣会社が、業務内容、スキル・経験、期間などの条件から、企業に登録人材を派遣するサービスです。
Web上で就職などの面接を行うためのツールで、評価・応募者管理・ステータス管理・書類確認が可能です。
自社社員に人材を紹介してもらう採用手法であるリファラル採用を社内で活性化させるプラットフォームです。