【2023】ストックフォトを徹底比較!機能や価格・選び方を解説


ストックフォトサイトは、商用利用が可能な写真やイラスト、動画、音楽などのメディア素材をダウンロード・購入できるサイトです。

膨大な点数のコンテンツが登録されており、目的やイメージに合った素材を選べば、広告や記事、教材、動画配信などさまざまな用途に活用できます。

月間上限数3点から750点にも及ぶ素材ダウンロードが定額プランで利用でき、「Webサイトやチラシに使える写真が大量に必要」「フォトグラファーに撮影を依頼する余裕がない」といった時でも、制作イメージに合った高品質素材を低コストで入手可能です。

以下、ストックフォトについて、それぞれの特徴やサービス内容、料金プラン、利用レビューを紹介します。ストックフォトの著作権やライセンス、サービス選定時の比較ポイントを確認したい方はそちらもご参照ください。

ストックフォトで注目のサービス
logo
PIXTA
ピクスタ株式会社
4.1
詳細を見る
logo
Adobe Stock
アドビ株式会社
4.3
詳細を見る
logo
Shutterstock
Shutterstock株式会社
4.1
詳細を見る

ストックフォトの比較・レビュー

人気条件
絞り込み条件を追加する
1〜5件を表示/全5
並び順:
logo
ストックフォト
注目サービス

PIXTA

ピクスタ株式会社
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
350人が「利用した」しています。
PIXTAは、ピクスタ株式会社が提供するストックフォトです。「国内・海外素材」「人物のあり・なし」「年代・性別などの人物特性」「写真の色味」など、絞り込み検索機能が非常に充実しています。また、指定したクリエイターがこれまでに投稿・公開した素材を一覧表示することが可能。これにより、気に入った素材に似た素材を探す作業にかかる時間を大幅に削減します。さらに、素材を掲載する上で厳格な審査基準を設けており、購入した素材が他社の著作権を侵害してしまうリスクを回避することができます。

特長

  1. 国内・海外、人物特徴指定など、充実の絞り込み機能を搭載
  2. 同じクリエイターが投稿している素材を一覧表示できる
  3. 厳しい審査基準を突破した品質の高い素材のみを掲載

プラン・価格

  1. 画像3点
    1,980円/月額
  2. 画像10点
    6,380円/月額
など
logo
ストックフォト
注目サービス

Adobe Stock

アドビ株式会社
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
163人が「利用した」しています。
Adobe Stockは、アドビ株式会社が提供するストックフォトです。同社提供製品であるPhotoshop、InDesign、Illustratorなどとの綿密な連携機能を備えており、ファイル管理の手間を大幅に削減できます。また。月ごとに利用しなかったライセンス数は翌月以降に繰り越すことが可能。費用を最大限活用できます。さらに、300dpiの高画質に対応した素材も数多くあり、ポスターやチラシなどの印刷物で利用する場合でも問題なく扱えます。

特長

  1. 他のAdobe製品で使用できるテンプレートの取り扱いが非常に多い
  2. 未使用のライセンスは繰り越して利用することが可能
  3. 300dpiの高画質素材を数多く提供。DTP用途でも安心して利用できる

プラン・価格

  1. 通常アセット10点/月
    3,480円/月額
  2. 通常アセット40点/月
    9,480円/月額
など
logo
ストックフォト
注目サービス

Shutterstock

Shutterstock株式会社
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
108人が「利用した」しています。
Shutterstockは、Shutterstock株式会社が提供するストックフォトです。3億点を超える素材が掲載されており、他のサービスにはない圧倒的な母数の中から素材を探し出せます。また、日本語検索・カテゴリ検索のほか、画像を読み込んで類似画像を検索する機能も搭載しており、目的の画像にたどり着きやすくなっています。さらに、定額プランに登録することで、AdobeCC製品と連携するプラグインを利用したり、ブラウザ上で画像編集を行えるエディター機能の利用が可能となります。

特長

  1. 3億点以上の画像素材を掲載。圧倒的な素材数で高品質な制作を支援
  2. カテゴリ別検索や類似画像検索など、優秀な検索機能を標準搭載
  3. プラグインやエディターなど、豊富なオプション機能を用意

プラン・価格

  1. 画像定額プラン
    6,000円/月額
  2. 画像オンデマンドパック
    6,000円/買切
など
logo
ストックフォト
注目サービス

iStock

ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社
3.8
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
79人が「利用した」しています。
iStockは、ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社が提供するストックフォトです。誰でもブラウザ上でビジュアルコンテンツを作成できる画像編集ツール「iStockエディター」を公開。素材ページから直接編集画面へ遷移することができます。また、実践的な知識を集約したオンラインマニュアルにより、常に最新のトレンドを取り入れた知見を得られます。さらに、さまざまな外部製品との連携を実現するプラグインを無償で提供。素材管理や検索作業を大幅に効率化し、制作に集中できる生産性の高い環境を生み出します。

特長

  1. ブラウザ上で利用できる画像編集ツール「iStockエディター」を提供
  2. マーケティングやクリエイティブに役立つ実践的なマニュアルを用意
  3. Adobe製品やInVisionとの連携を実現するプラグインを利用可能

プラン・価格

  1. ベーシック定額使用プラン
    3,000円/月額
  2. プレミアム定額使用プラン
    8,400円/月額
など
logo
ストックフォト
注目サービス

アマナイメージズ

株式会社アマナイメージズ
3.8
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
33人が「利用した」しています。
アマナイメージズは、株式会社アマナイメージズが提供するストックフォトです。専門的な知見を持つカメラマンと、専任のスタッフによる正確な情報に基づいた素材のみを掲載。教科書・教材でも利用できます。また、40年以上の実績の中で培われたノウハウを基に独自の審査基準を設けているほか、「無料免責サービス」をすべての写真・動画素材に付帯しています。さらに、サイトに掲載している素材では満足できないケースを想定し、写真撮影を行ってくれるサービスを展開しており、自社のクリエイティブ制作を最大限支援します。

特長

  1. 出版や報道、教育など、あらゆる分野に適した情報系写真を提供
  2. 40年以上の実績・ノウハウを活かし、安全性の高い素材のみを掲載
  3. クリエイティブ制作を支援する、写真撮影ソリューションを用意

プラン・価格

  1. 月額費用
    問い合わせ
  2. ロイヤリティフリーベクター画像
    19,800円/点数
など

ストックフォトの選定ガイド


本記事では、ストックフォトについて、定義やライセンスの種類、目的に合ったサービスの選び方などを解説しています。

ストックフォトとは

ストックフォトとは、デジタルコンテンツや印刷物への頻繁な商用利用を前提として、「あらかじめ用意された写真素材(Stock Photo)」、および画像や動画、音楽などのマルチメディア素材のことです。また、ストックフォトを管理・提供するサービスやを指すこともあります。

利用者は、サービス料金としてライセンス料を支払うことで、目的やイメージに合った素材を選び、ライセンス規定の範囲内で使用することができるという仕組みです。基本的に無料で使える素材(フリー素材)はストックフォトに分類されません。

撮影技術や知財権、素材としての使いやすさといった、各サービスが定める審査基準をクリアしたコンテンツのみが、ストックフォトとして登録されているため、高品質なストックフォトサイトは、Webデザイナーや編集者、広告、映画関係者まで世界中の顧客に利用されています。

ストックフォトのライセンス

ストックフォトには、大きく分けて2種類のライセンス「ロイヤリティフリー」と「ライツマネージド」があります。

ロイヤリティフリー

ロイヤリティフリー・ライセンスとは、規約の範囲内であれば追加料金を発生させずに使用できるライセンスです。使用する地域や期限に制限がなく、複数の媒体に利用可能であり、ライセンス料はサービスの基本料金プランに含まれています。有料ではありますが独占権はなく、同じ画像が別の使用用途で使われる可能性があります。

ライツマネージド

ライツマネージド・ライセンスは、使用期間やサイズ、掲載先媒体などの条件に応じて、料金が設定されるライセンスです。追加料金は高くなりますが、競合他社に対する利用制限をかけるなどして独占利用することもできます。

商用利用不可のエディトリアル画像とは

ストックフォトの中には、エディトリアル画像が含まれていることもあります。エディトリアルとは、報道の自由に基づいて、利用を新聞やニュースなどの報道に限定するものです。

エディトリアル画像は商用利用が認められておらず、その画像内(動画内)に含まれる個人から許諾を得ていないものです。個人を認識可能な人物が含まれている写真をマーケティングやブログなどに商用利用する場合には、肖像権利用許可(モデルリリース)が必要となります。

違反した場合は、損害賠償を求められることもあるので、各サービスの利用規約はしっかりと確認しておきましょう。ShutterStockでは、検索条件でエディトリアル画像を除外したり、商業・報道のどちらにも利用できるモデルリリース有りのカテゴリを選択したりすることができる仕様となっています。

ストックフォトサイトの選び方・比較ポイント

ストックフォトサイトを比較・選定する際のポイントは下記3点です。

  1. 素材コンテンツの種類とストック数
  2. サイトの使いやすさ・サービス品質
  3. 料金プラン

1. 素材コンテンツの種類とストック数

まず、目的や制作イメージにフィットする素材コンテンツを取り扱っているか、また頻繁に使うカテゴリやジャンルについては、素材に十分なストック数があるかどうかも確認します。たとえば、日本人モデルの写真や国内の風景が必要であれば、PIXTAのような国内サービスから絞り込むと良いでしょう。

また、画像という括りにおいても、「写真」「イラスト」「ベクター」「3Dモデル」「テンプレート」と、さまざまな小カテゴリがありますが、サービスによって登録数にバラつきや偏りがあるため、コンテンツ品質とも合わせて登録点数をチェックしましょう。

2. サイトの使いやすさ・サービス品質

ストックフォトサイトを選ぶ時の注意点として、素材コンテンツそのものの品質だけでなく、サイトのサービス品質にも着目しましょう。特に「必要な素材をすぐに探し出すことができるか」は、作業効率にも影響する重要なポイントです、

膨大なストック数があるのに検索をかけると一気に減ってしまう、サムネイル一覧表示の動作が重いといった環境では、素材選びもダウンロードもスムーズに進みません。

3. 料金プラン

ストックフォトサイトの料金プランは、基本的に以下3パターンに分類されます。

  1. 単品購入:解像度によって単価が変わる買い切りタイプ
  2. 月間契約:月々の支払いと契約更新で、解約や自動更新停止がいつでも可能
  3. 年間契約:月々の支払いだが、1年に1度の解約月以外に解約すると違約金が発生

素材ダウンロードの数や頻度にもよりますが、継続的に利用するのであれば年間契約が圧倒的にお得です。単品購入はかなり割高ですが、動画素材や特殊素材を1点だけダウンロードするといった使い方には向いています。

注目度の高いサービス
logo
PIXTA
ピクスタ株式会社
4.1
詳細を見る
logo
Adobe Stock
アドビ株式会社
4.3
詳細を見る
logo
Shutterstock
Shutterstock株式会社
4.1
詳細を見る
サービスを自身で比較する
WebサイトのUI制作を行うツールです。ワイヤーフレームやプロトタイプの作成や共同作業ができます。
取引の際に、ブラウザやシステム上で支払いできるサービスです。決済に関する事務工数を削減できます。
商用利用が可能な写真やイラスト、動画、音楽などのメディア素材をダウンロード・購入できるサービスです。
動画の制作・編集ソフトです。テンプレートやサポート機能を活用して、PR動画や営業資料も作れます。
マインドマップや組織図、フローチャートを描くツールです。思考やアイデアの関連性を図式化します。
AIチャットボットなどのシステムを用いて、顧客からの質問へ的確な回答を準備・対応するシステムです。