【2023】動画編集ソフトを徹底比較!機能や価格・選び方を解説


YouTubeでの動画投稿やライブ配信、Twitter・Facebook・InstagramなどのSNS、Webサイト・広告など、インターネット上で動画を目にしない日はありません。ビジネスにおいても、マーケティング、採用・求人、広報、営業、社内報など、あらゆる場面で動画コンテンツを活用する企業が増えてきました。

かつては、高度な編集技術や映像の知識が必要とされていた動画編集・動画制作ですが、視聴・制作ともに需要が高まってきたことから、初心者からプロ仕様、企業向けまで、編集技術の熟練度や目的・用途に合わせた「動画編集ソフト」が次々とリリースされています。

以下、国内外のPC向け動画編集ソフト(制作サービス)について、それぞれの特徴や機能、料金プラン、導入レビューを紹介します。選び方や比較のポイント、機能要件などの詳細を確認したい方は、選定ガイドをご参照ください。

動画編集ソフトで注目のサービス
logo
iMovie
Apple Japan合同会社
4
無料期間あり
詳細を見る

動画編集ソフトの比較・レビュー

人気条件
絞り込み条件を追加する
1〜5件を表示/全28
並び順:
Animation Deskは、Kdan Mobile Software Ltd.が提供する動画編集・制作サービスです。2Dのパラパラアニメーションの作成に特化した動画作成ソフトであり、直感的な操作で初心者で簡単に動画を作成することができます。「AniZoneコミュニティ」という動画共有コミュニティ/プラットフォームが形成・提供されており、コンテストも開催されているため、モチベーションを保ちながら楽しく動画作成を行うことが可能です。

特長

  1. 2Dのパラパラアニメーションの作成に特化した動画作成ソフト
  2. コミュニティ内で作成した動画の共有・閲覧・コメントをすることができる
  3. アニメーション教育のためのコンテンツが充実

プラン・価格

  1. 無料版
    0ドル
  2. Animation Desk
    4.99ドル/月額
など
詳細を見る
Write-on Videoは、Kdan Mobile Software Ltd.が提供する動画編集・制作サービスです。シンプルな操作性により動画作成経験がない方でも簡単に使いこなすことができます。動画を使ったマーケティングに使うことが推奨されており、採用やブランディングなどの目的に合わせて動画の作成コンテンツが提供されているため、オーディエンスのエンゲージメントを高める動画を作成することが可能です。

特長

  1. シンプルな操作性により動画作成の知識がなくても使いこなすことが可能
  2. 動画をビデオマーケティングやブランディングに活用するためのコンテンツを提供
  3. あらゆるデバイスに対応しているため外出先から自由に編集可能

プラン・価格

  1. 無料版
    0ドル
  2. Write-on Video Pro
    2.49ドル/月額
など
詳細を見る
logo
動画編集ソフト
無料期間あり
注目サービス

iMovie

Apple Japan合同会社
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
539人が「利用した」しています。
iMovieは、Apple Japan合同会社が提供する動画編集ソフトです。iphoneやMacなど、Apple製品を利用していれば無料でダウンロードすることができるアプリケーションで、10種のビデオフィルタや80以上あるサウンドトラックを利用して簡単に4K解像度のムービーを作ることができます。グリーンスクリーンエフェクト機能による背景変更やフォントやサイズを詳細に設定できる字幕編集機能で、エフェクトも簡単に付与できます。また、SNSと連携しており、作成した動画を即時SNSへ投稿することが可能です。

特長

  1. Appleユーザーなら無料で簡単に4K動画を作ることができる
  2. 背景のワンクリック変更や字幕機能でエフェクトも簡単に付与できる
  3. SNSと連携し、動画の共有がスムーズに行える

プラン・価格

  1. 初期費用・月額費用
    0円
logo
動画編集ソフト
注目サービス

Adobe Premiere Pro

アドビ株式会社
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
281人が「利用した」しています。
Adobe Premiere Proはアドビ株式会社が提供する動画編集ソフトです。映像のインポートやシーケンスの作成などの基本的な機能、Lumetriカラーパネルを利用したカラー調整などを素早く簡単に編集が可能です。PhotoshopやAfter Effectsなどの他のアプリやサービスとシームレスに連携できるため、PSDデータの編集やAfter Effectsから動画データを開くことができます。スマートフォンでも編集可能で、優れたリフレーム機能によってニーズに合わせたサイズの動画を作成できます。

特長

  1. 読み込みから書き出しまでの操作が直感的で簡単に行える
  2. Photoshopや他のアプリとの連携で創造性を高める
  3. スマホでの編集も可能で高性能なリフレーム機能がある

プラン・価格

  1. 初期費用
    0円
  2. Premiere Pro(スタンダードなプラン)
    2,480円/月額
など
logo
動画編集ソフト
無料期間あり
注目サービス

Microsoftフォト

日本マイクロソフト株式会社
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
321人が「利用した」しています。
Microsoftフォトは、日本マイクロソフト株式会社が提供する動画編集ソフトです。Windows10に標準搭載されているソフトで、写真や動画の加工、編集を手軽に行うことができる完全無料の製品です。ビデオ クリップのトリミングやOneDriveとの併用によってフォーマットの変換やファイルの保存場所をまとめたりすることができます。光源や色の調整だけでなく、音楽の追加、描画アニメーション、3D効果などの高度な編集機能でスタイリッシュな動画を作成することができます。

特長

  1. Windows10に標準搭載されている完全無料のソフト
  2. トリミングやOneDriveとの併用でフォーマットを変換できる
  3. 描画アニメーションや3D効果によるスタイリッシュな動画が作成できる

プラン・価格

  1. 初期費用・月額費用
    0円

動画編集ソフトの選定ガイド


まず、動画編集ソフトの利用目的「どんな動画を何のために制作・編集したいのか?」を明確にしておきましょう。数多くの動画編集ソフトは、それぞれが独自のコンセプトで設計されており、異なる特色や得意分野を持っています。多機能で汎用性が高いほど優れているというわけではありません。

高品質コンテンツを作り込んでYouTubeやVimeoなどに投稿したいのか、SNS広告や商品紹介を量産したいのか、営業資料や製品マニュアルを動画化したいのかなど、それぞれの利用目的や編集環境に適した機能が揃ったものが、その人や企業にとってのベストな動画編集ソフトです。

いくつかの注意点を除けば、機能制限がある簡素な無料版ソフトであっても、目的を達成できるのであれば問題ありません。

動画編集ソフトの選定基準・比較のポイント

動画編集ソフトを比較・選定する際のポイントは下記5点です。

  1. 対応OS・推奨環境
  2. 使用するパソコンのスペック
  3. 動画の入出力フォーマット(ファイル形式・拡張子)
  4. 機能
  5. 価格・料金体系

どんなに優れた製品でも、利用環境と相性が合わなければ使い物にならない可能性がありますので、必ずチェックしておきましょう。

1. 対応OS・推奨環境

動画編集ソフトを探す際は、最初にOS(WindowsやMac)で絞り込みをかけましょう。気に入ったソフトを見つけても、利用しているOSに対応していなければそのソフトはインストールできません。

また、PCブラウザ上で動画編集ができるクラウド型サービスもあります。こちらはソフトのダウンロードが不要で、クラウド上に動画データを保存することもでき、誰でも直感的な操作で扱いやすく設計されているのが特徴です。

2. 使用するパソコンのスペック

基本的に動画編集は負荷の高い作業となりますので、動画編集ソフトの性能に対してパソコンのスペックが追いついていない場合は、パソコンの増強や買い換えも視野に入れる必要があります。

特に、CPUとメモリ容量は性能が十分でないと、一つひとつの動作に時間がかかって制作効率がガクッと下がるので注意が必要です。

CPUは、高性能であるほど処理動作(起動・編集・保存)が速くなります。動画編集用のパソコンを新しく購入する場合、Intel 第9世代以降のCore i5かCore i7を選ぶようにしましょう。Core i9は、VR動画クリエイターやCGデザイナーといった高度な技術を利用する上級者向けです。

一方で、メモリ容量は、必要以上に余裕を持たせても性能は上がりませんが、最低でも8GBは欲しいところです。動画の解像度や編集内容によって必要な容量が変わります。目安は下記の通り。

メモリ8GB動画編集ソフトのみの起動であれば問題なく使える
一部不向きなソフトもある
Webブラウザや他のアプリケーションを起動すると動作が重くなる
メモリ16GBフルHDの編集には十分な容量
複数アプリケーションを起動しても快適に使える
4K動画や高解像度の画像処理は動作がやや重い
メモリ32GB4K動画や高解像度の画像処理にも耐えうる容量

3. 動画の入出力フォーマット(ファイル形式・拡張子)

動画編集ソフトで取り扱えるフォーマットをチェックしておくことも重要です。

  • 入力:動画編集ソフトに取り込む素材データ(画像・音声・動画)のファイル形式
  • 出力:動画編集ソフトで編集した動画を書き出すファイル形式

YouTubeやSNSに動画をアップロードする場合は、それらの外部サービスでサポートされているファイル形式で動画の書き出しを行います。無料版では対応ファイルの種類が制限されることが多いですが、MP4、MPEG4、MOVのどれかは押さえておきたいところです。

また、動画編集ソフトによっては、4K映像やGoProなどの特殊カメラの録画フォーマットを取り扱えないことがあります。スタンダードなビデオカメラやスマホであれば特に問題ありませんが、動画制作に撮影を伴う場合は、使用するカメラの録画フォーマットも確認しておきましょう。

4. 機能

編集機能が多くなるほど、動画の細かいところまでこだわりが出せますが、動画編集の熟練度に見合わなければ、どれだけ豊富な機能も宝の持ち腐れになってしまいます。

最初に設定した動画編集ソフトの利用目的「どんな動画を何のために制作・編集したいのか?」に立ち返って、制作したい動画をイメージし、どの機能が必要になるかを洗い出してみましょう。

動画編集のレベルを高めることが目的で、「現段階では使いこなせなくても、将来的に編集のレベルを上げていきたい」という場合は、機能を後から拡張できるタイプの製品を選ぶのがおすすめです。

5. 価格・料金体系

動画編集ソフトの料金体系は以下の3パターンに分けられます。

  • 買い切りタイプ:パッケージソフトを購入する
  • サブスクリプションタイプ:利用ライセンス料として月額、あるいは年額を支払う
  • チケットタイプ:オンラインで制作した動画をダウンロードする際に料金が発生する

チケットタイプは、個別相談で目標設定から素材の提供、撮影やナレーションの手配、制作・運用代行などを依頼できる企業向けの動画編集・制作サービスです。

買い切りタイプの価格帯は1万円~3万円ほど。必要であれば、素材やエフェクト、テンプレート、その他の機能の拡張パックを追加で購入することができます。

一方で、サブスクリプションタイプは月額もしくは年額を支払い続けるため、トータルコストで見ると買い切りタイプよりも高くなりますが、常に最新のバージョンを利用し続けることができ、新しいフリー素材やエフェクトが追加され続けるといったメリットがあります。

さらにそれぞれの価格帯は、搭載されている機能の種類や数によって数段階に分けられていることが多く、「複数ライセンスの大口割引」や「法人向け特別価格」が設けられていることもあり、動画編集頻度や利用人数などの状況によって変動します。

一概に「買い切り」と「サブスク」のどちらが得になるかは言い切れず、製品候補を決める初期段階ではあまり価格帯にこだわり過ぎない方がいいでしょう。

動画編集ソフトの機能要件(目的・ニーズ別)

ここでは、「スペックを比較しても似たり寄ったりで選択できない」という方のために、動画編集ソフトの選び方のヒントを、利用目的やニーズに合うおすすめの機能とともに紹介します。

初心者は編集機能よりも操作性やチュートリアルを重視する

動画編集の初心者が陥りやすいのが、編集機能が過度に充実したソフトを選択してしまうことです。機能が多くなるほど編集作業は複雑になり、思うように制作が進みません。

初心者の場合は、カット編集やテロップの挿入などの基本機能のみを搭載したソフトから始め、編集機能よりもチュートリアルやマニュアルの充実度を優先した方が良いでしょう。本記事の最後に動画編集の基本機能(用語解説)をまとめていますので、そちらもご参照ください。

最近は、誰でも手軽にオリジナル動画が作れるように、ドラッグ&ドロップで直感的に操作できるオンライン動画編集サービスも増えてきていますので、そちらで練習して動画編集の感覚を掴んでみるのもいいかもしれません。

PR動画・営業資料・商品紹介ならテンプレート型がおすすめ

企業PRやマーケティングに動画コンテンツを取り入れたいが、学習や教育にかける時間やコストはない…。というニーズに応えるのが、「テンプレート機能」です。

動画編集ソフトにおけるテンプレートとは、テーマやコンセプトに合わせたテロップ、アニメーション、エフェクトなどがあらかじめ組み込まれた動画編集データを指します。

動画制作や映像のプロが作ったテンプレートをベースに、素材(画像・音楽・ムービー)やテキストを差し替えるだけで、プロ並みの動画クオリティを保ったままオリジナル動画を完成させることが可能です。

ここ数年、ビジネスのオンライン化や動画コンテンツ市場の急成長により、商品・サービスの紹介、SNS広告やキャンペーン、営業資料やスライドショー、ニュース、マニュアル動画、採用・求人など、企業向けのテンプレートパッケージも豊富に揃ってきています。

特に、ターゲットに合わせて動画内のメッセージを入れ替える、ECサイトで各商品ページに紹介コンテンツを入れるなど、ショートムービーを量産したい場合には、テンプレートを活用することで動画制作の時間とコストを大幅にカットできるでしょう。

YouTubeやSNSの投稿するならアカウント連携機能が便利

通常、YouTubeやFacebookなどの外部サービスに動画を投稿する際には、

  • データサイズの上限
  • 動画の長さ(時間)
  • 縦横比
  • 解像度
  • ファイル形式

などを、それぞれのサービスがサポートする規格に合わせて、動画データを編集ソフトから一旦ファイルに書き出し、そのファイルをアップロードするという手順を踏みます。

しかし、外部サービスとのアカウント連携ができる動画編集ソフトであれば、ファイルの書き出しをスキップして、他のアプリケーションやWebブラウザを起動することなく、直接アップロードすることが可能です。

ファイルの出力先として任意の投稿サイト・SNSを指定すると、動画サイズや画質設定のほか、タイトルや概要欄、プライバシーなども編集ソフト内で入力することができ、そのままワンクリックでアップロードが完了します。

ファイルを別々に書き出して1つずつアップロードする手間が省けるため、特に、複数の外部サービスに動画投稿を行う際には非常に便利です。

ソフトによって連携できるサービスが異なるため、よく利用する動画投稿サイトやSNSが対象に含まれているかチェックしておきましょう。

動画編集ソフトの無料版を使用する際の注意点

無料版の動画編集ソフトは、利用できる機能や入出力フォーマット、編集できる動画の長さなどに制限がかかってはいるものの、基本的な編集機能は備えられており、初心者でも使いやすい秀逸なソフトもあります。

目的を達成できるのであれば、動画制作に関しては無料版のソフトでも問題はありませんが、利用の際には下記2点の注意が必要です。

  1. セキュリティ対策やサポートには期待できない
  2. 商用利用できないことがある

上記の理由から、企業で動画編集ソフトを導入する場合、無料ソフトは操作感や管理のしやすさを確認するための体験版に留め、有料ソフトを検討することを推奨します。

セキュリティ対策やサポートには期待できない

無料の動画編集ソフトの中には、セキュリティが脆弱なソフトが紛れている可能性があります。誰でも無料で利用できるため、悪質な攻撃やハッキングの対象になりやすい性質もあるでしょう。

また、ソフトのインストールが正常完了しないといったサービス利用開始前のトラブルを除き、無料版ユーザーは基本的にサポート対象外となります。

利用者数や導入実績、レビューなどを参考に、信頼性をしっかりと見極めた上でソフトを選び、自身も利用端末やネットワークのセキュリティ対策を行なっておくのが賢明です。

商用利用できないことがある

無料版の動画編集ソフトで提供される動画素材は、無断で商用利用ができず、動画編集後のファイル書き出し時に課金を伴うことがあります。

また、動画にウォーターマーク(ロゴの透かし)が入っているものもあり、ビジネスで利用する動画コンテンツとしては好ましくありません。こういった無料ソフトは、不安なく有料版を購入してもらうための体験サービスとして捉えるべきでしょう。

動画編集ソフトの機能一覧

最後に、動画編集の機能やサービスを比較する際に、最低限押さえておきたい基本用語をまとめておきます。

最低限押さえておきたい基本的な編集機能

  • オーディオ編集:BGMや音声ファイルの取り込み・編集を行える。
  • 文字入れ:テキストを動画に挿し込むことができる。
  • カット機能:動画の不要な部分をカットして繋げることができる。
  • トリミング機能:動画の一部分を切り出すことができる。(先頭と最後をカット)
  • エフェクト搭載:BGMや効果音、アニメーション、光効果などが利用できる。

動画のクオリティを高めるこだわりの編集機能

  • トランジション:複数クリップのつなぎ目に切り替え効果を挿入できる。
  • ビデオクリップ補正:動画の色味を補正し、動画全体に統一感を出せる。
  • 動画合成:動画素材を重ねて、動きを出したり重厚な印象に仕上げられる。
  • クロマキー合成:特定の色のみを非表示にし、合成しやすくする。ブルーバックやグリーンバックと合わせて使用されることが多い。
  • ネスト編集:複数の動画をソフト上で1つに合成し、エフェクトをまとめてかけることができる。
  • オブジェクトトラッキング:配置したオブジェクトを、指定した人や物に対して追従させることができる。

動画編集を効率化するサポート機能

  • テンプレート:アニメーションやテロップ、エフェクトがパッケージされたサンプル動画を利用し、画像やテキストなどの素材を挿入・編集する。
  • AI搭載:素材の自動検索・マッチング、音声の自動テロップ化、エフェクトの提案などのサポートを行なってくれる。
  • SNS連携:YouTube、Twitter、 FacebookなどのSNSアカウントと連携し、ファイルの書き出しを行なわずに直接アップロードできる。
  • プラグイン追加:素材や編集機能を拡張できる。
  • ソフト内学習教材:実際に操作しながら動画編集を学べるマニュアルが搭載されている。

まとめ

以上、おすすめの動画編集ソフトとその選び方についてご紹介しました。それぞれ特徴や搭載機能が異なりますが、ご自身が制作したいと考えている動画に合うものや、ビジネスでの活用シーンはイメージできたでしょうか。

文章や画像に比べて、動画が伝える情報量は圧倒的に多く、1秒にも見たない映像と効果音だけでも、視聴者にメッセージを与え、印象を残せることもあります。

何を目的に動画を制作したいのか、誰に向けてどんなことを伝えたいのか、動画を発信する先にどんな結果を求めているかを明確にし、適切な動画編集ソフトや制作支援サービスを比較してみてください。

注目度の高いサービス
logo
iMovie
Apple Japan合同会社
4
無料期間あり
詳細を見る
サービスを自身で比較する
2サービスの資料をダウンロードします
リストの製品を資料請求する
WebサイトのUI制作を行うツールです。ワイヤーフレームやプロトタイプの作成や共同作業ができます。
取引の際に、ブラウザやシステム上で支払いできるサービスです。決済に関する事務工数を削減できます。
商用利用が可能な写真やイラスト、動画、音楽などのメディア素材をダウンロード・購入できるサービスです。
動画の制作・編集ソフトです。テンプレートやサポート機能を活用して、PR動画や営業資料も作れます。
マインドマップや組織図、フローチャートを描くツールです。思考やアイデアの関連性を図式化します。
AIチャットボットなどのシステムを用いて、顧客からの質問へ的確な回答を準備・対応するシステムです。