【2023】名刺管理ソフトを徹底比較!機能や価格・選び方を解説


名刺管理ソフト(名刺管理ツール)は、紙の名刺をデータ化して名刺情報の保管・整理・検索を容易に行うことのできるシステムです。

専用スキャナやスマホで名刺をスキャンするだけで、簡単に名刺データを取り込むことができ、組織内の名刺情報は重複なく1つのツール上に集約されます。

以下、名刺管理ソフトについて、それぞれの特徴や機能、料金プラン、導入レビューを紹介します。製品の選定に際して、基本機能や導入メリット、選び方などの詳細を確認したい方は、選定ガイドをご一読ください。

名刺管理ソフトで注目のサービス
logo
GRIDY 名刺CRM
ナレッジスイート株式会社
無料期間あり
資料ダウンロード
logo
Eight
Sansan株式会社
4.4
無料期間あり
詳細を見る
logo
Sansan
Sansan株式会社
4.3
無料期間あり
詳細を見る

名刺管理ソフトの比較・レビュー

人気条件
絞り込み条件を追加する
1〜5件を表示/全18
並び順:
logo
名刺管理ソフト
無料期間あり
注目サービス

GRIDY 名刺CRM

ナレッジスイート株式会社
GRIDY 名刺CRMは、ナレッジスイート株式会社が提供する名刺管理ツールです。シンプルな操作性で、正確かつ高速な名刺情報のデジタル化を行うことができます。具体的には、高性能のOCR(文字認識装置)と独自の名刺辞書、オペレータ入力により、ほぼ100%の精度をを誇ります。また、SFAやCRMとも連携することができるため、情報連携もシームレス。本来入力に割いていた時間を価値ある業務に充てることができます。

特長

  1. アプリを利用して正確かつ高速に名刺をデジタル化することが可能
  2. SFAと連携して営業マンの手入力の負担を削減
  3. 目視よるエラー箇所の修正により社内確認の工数を減らせる

プラン・価格

  1. 初期費用・月額費用
    お問い合わせ
詳細を見る
logo
名刺管理ソフト
無料期間あり
注目サービス

Eight

Sansan株式会社
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
280人が「利用した」しています。
Eightは、Sansan株式会社が提供する名刺管理ツールです。名刺でつながるビジネスのためのSNSとして、仕事を通してであった縁を自分のビジネスネットワークに活かすことができます。名刺を撮影するだけで正確にデータを読み取り、人事異動や転職などの情報を通知してくれるため、いつでも最新の情報を確認することが可能。名前や会社名、部署、役職、メモ、タグによるグループ分けなどもでき、情報の検索や閲覧を簡単に行えます。連絡を取りたい相手には気軽にメッセージを送る機能もあるため、名刺から始まるコラボレーションを促進します。

特長

  1. 名刺でつながる、ビジネスのためのSNS
  2. 検索・閲覧で社内人脈を営業に活かせる
  3. 連絡を取りたい相手には、気軽なメッセージでアプローチ

プラン・価格

  1. 初期費用・無料版Eight
    0円
  2. 月額費用
    10,000円/月額
など
logo
名刺管理ソフト
無料期間あり
注目サービス

Sansan

Sansan株式会社
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
128人が「利用した」しています。
Sansanは、Sansan株式会社が提供する名刺管理ツールです。AIと手入力で名刺の99.9%の精度でデータ化。最新の人事異動情報も自動で反映され、会社・人物単位で正確な人物データを共有することができます。また、名刺管理サービスシェア83%。導入企業は6,000社を誇り、大手金融機関から官公庁まで利用し、従業員の連絡先を一元管理することや名刺交換実績から連絡を取りたい方と効率的にコミュニケーションを取ることが可能です。

特長

  1. 精度99.9%の「AI名刺管理」で、営業力を強化
  2. 利用企業は6,000社を誇り、名刺管理サービスシェア83%
  3. 従業員間でのデータベース共有化によって、コラボレーション活性化

プラン・価格

  1. 初期費用
    問い合わせ
  2. Lite
    問い合わせ
など
logo
名刺管理ソフト
無料期間あり
注目サービス

myBridge

LINE株式会社
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
25人が「利用した」しています。
myBridgeは、LINE株式会社が提供する名刺管理ツールです。完全無料で簡単に名刺管理を行うことができ、顧客管理ツールを導入していない企業でも無料で安全に大切な営業情報を管理することが可能です。また、共有名刺帳機能で従業員の名刺を一括管理や、Googleなどの連絡帳サービスと連携し連絡先の保存やダウンロードなど、無料にも関わらず名刺管理ツールとしての基本機能を備えています。オンライン名刺機能もあり、オンライン商談などで電子名刺交換に利用することもできます。

特長

  1. 完全無料で利用が可能、名刺情報を撮影し顧客管理を一元化
  2. 名刺情報共有やGoogleへの連絡先登録など柔軟に活用できる
  3. URLを発行するだけで、オンライン商談時に簡単名刺交換

プラン・価格

  1. 初期費用
    0円
  2. 月額費用
    0円
logo
名刺管理ソフト
無料期間あり
注目サービス

Wantedly People

ウォンテッドリー株式会社
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
22人が「利用した」しています。
Wantedly Peopleは、ウォンテッドリー株式会社が提供する名刺管理ツールです。名刺をスマホで撮影するだけでその場で瞬時にデータ化が可能。400万人が利用する完全無料の人脈・名刺管理アプリです。最大10枚までの名刺を1回の撮影で即時にデータ化し連絡帳に自動登録。スキャンした名刺データからは、本人に紐づく情報の検索が可能になります。利便性の高い情報検索・共有機能や、PCブラウザからの編集やExcelへの書き出し機能が標準搭載。peopleで繋がれば昇進や異動などによるプロフィール更新で近状を見逃すこともありません。すべての情報は人工知能で安全に処理され、SSL通信で暗号化。安心のセキュリティ水準をもつデータセンターで厳重に保管されます。

特長

  1. 400万人が利用する完全無料の人脈・名刺管理アプリ
  2. 利便性の高い情報検索・共有機能
  3. 高い信頼性とセキュリティ水準

プラン・価格

  1. 初期費用・月額費用
    0円

名刺管理ソフトの選定ガイド


スマホでの撮影や複合機でのスキャンによって、簡単に名刺情報がデータ化される名刺管理ソフト。ビジネスシーンでの活用も増えてきています。

もともとは、名刺管理にかかる負担軽減と業務効率化を目的として活用されていた名刺管理ソフトですが、最近は、詳細な人物像や人脈構造の可視化、迅速な情報共有を活かして、顧客管理や営業・マーケティング活動の強化を導入目的とするケースも増えてきています。

本記事では、名刺管理ソフトについて、その役割や導入メリットをわかりやすく解説しています。また、製品の選び方や比較のポイントも紹介していますのでぜひご参照ください。

名刺管理ソフトとは

名刺管理ソフトは、紙の名刺をスキャンしてデータ化するソフト・サービスの総称です。名刺をデータ化することにより、名刺情報の管理・整理・検索を容易に行えるようになり、必要に応じて共有することもできます。

個人の場合、保管や整理が追いつかない大量の名刺をデータ化し、名刺管理を効率化することが、ツールを利用する主な目的でしょう。

一方、企業や部署でツールを導入する場合は、名刺情報を組織で集約して人脈を可視化し、顧客管理や営業戦略に役立てるなど、データ化した名刺情報を有効活用する役割も担います。

名刺管理ソフトの導入メリット

名刺管理ソフトの導入メリットとして、以下4つが挙げられます。

  1. 名刺情報を効率的にデータベース化できる
  2. 名刺情報を簡単に検索・分類できる
  3. 人物情報が自動で更新・同期される
  4. 組織図や人脈が可視化される

1. 名刺情報を効率的にデータベース化できる

名刺管理ソフトでは、以下の方法で名刺情報をデータ化して登録することができます。

  • OCR機能(名刺スキャン):名刺スキャナまたはスマホアプリのカメラで名刺情報をスキャンし、テキストデータ化する。
  • オペレーター入力代行:オペレータが名刺情報を目視で確認して直接入力する。

OCR処理は、画像からテキストデータを読み取るAI技術です。専用のスキャナやスマホで撮影した画像から、企業名・部署・役職・氏名・連絡先などの名刺情報を自動で登録してくれます。

スマホがあれば出先でも名刺データを登録でき、置き忘れや紛失のリスクも低減されるでしょう。登録後に不要となる紙の名刺は破棄することができるため、保管場所に困ることもなくなります。

ツール導入以前の名刺を大量に保有している場合には、入力代行サービスを利用するのがおすすめです。名刺データの取り込みに郵送の手間と多少の日数を要しますが、数百枚~千枚とある名刺を自分で1枚ずつスキャニングすることを考えると効率的です。

2. 名刺情報を簡単に検索・分類できる

紙の名刺を名刺フォルダにファイリングしていく作業も大変ですが、もっと厄介なのが整理整頓です。一度ファイリングすると並べ替えの融通も利きづらく、名刺情報が必要な時に限ってなかなか探し出せないという経験がある方も多いのではないでしょうか。

名刺管理ソフト上では、検索機能を利用して目的の名刺をすぐに探し出すことも容易です。会社名や役職でフィルタをかけて一覧表示したり、名刺情報の一部をキーワードとして入力することで検索をかけたりすることができます。

さらに、名刺情報の検索や整理をサポートする以下のような機能もあります。

  • 名刺項目分類設定:企業名・氏名・役職などの基本情報のほかに、新たに入力項目を設定することができる。
  • タグ付け:名刺情報にタグを付与してグループ分けし、ソート検索やリスト作成をすることができる。

社内の名刺情報は全てシステム上に集約されているため、社内の誰か1人でも名刺交換をした相手であれば閲覧・検索が可能です。同一人物の情報を自動的に1つにまとめる名寄せ機能があれば、多方で名刺交換があってもデータが重複することはありません。

3. 人物情報が自動で更新・同期される

名刺管理ソフトには、各社の製品・サービスが保有しているデータベースから、その人物の経歴や得意領域、SNSアカウント情報などが自動補完される機能があります。名刺に記載されている項目以外の情報が付加されることで、より詳細な人物像を社内で共有することが可能です。

また、同サービス上で公開済みの人事異動や他部署での名刺交換があった際には、データベースも自動更新されます。つまり、名刺交換後に情報の変更があっても、名刺管理ツール上では常に最新状態が保たれているというわけです。

4. 組織図や人脈が可視化される

人物を基軸とした情報を一元管理できる名刺管理ソフトは、以下のような顧客管理(CRM)の機能も兼ね合わせています。

  • 組織ツリー:蓄積された名刺情報(企業・部署・役職など)から、企業の組織ツリーを表示する。
  • 人脈の可視化:名刺交換の情報をもとに、「その人物が社内の誰と繋がりを持っているのか」を把握できる。

名刺交換は単なる挨拶の一部でなく、ビジネス上の信頼関係を構築する人脈作りの第一歩です。お互いの所属や連絡先が明らかになればそれで終わりでなく、2度、3度とコンタクトを取ってビジネスチャンスに繋げていかなければなりません。

取引先や営業先の組織ツリーが構築されると、仮に担当者が取引先のキーパーソンと未接触であっても、組織ツリーがあれば自社の誰と繋がっているか、過去にどんなやり取りをしたかひと目で把握でき、取引先へのアプローチ戦略を立てやすいです。

名刺管理ツールに人物情報が蓄積し、キーパーソンとの接点や自社の人脈構図が可視化されると、担当者を効果的に振り分けることで、ターゲットに対して適切なアプローチをかけることができ、商談機会やビジネスチャンスが創出されやすくなります。人事異動や配置転換があった際には人脈のスムーズな引継ぎに対応することも可能です。

名刺管理で取得したデータを営業・マーケティング活動に活用したい場合は、前述したタグ付けやリスト作成に加えて、グループ別の一斉メール配信やメッセージ機能、MAツール・CRMツールとの連携機能なども必要性に応じてチェックしておきましょう。

名刺管理ソフトの選び方と比較ポイント

名刺管理ソフトの選定軸として大切なのは「自社課題の解消や導入目的を実現できる製品であるかどうか」です。複数候補と比較検討を行う際には、以下の4つのポイントをチェックしておくといいでしょう。

  1. 名刺の取り込み方法・反映に要する時間
  2. 操作性・見やすさ
  3. 価格・料金体系
  4. セキュリティ対策・個人情報保護

1. 名刺の取り込み方法・反映に要する時間

サービスによって選択肢は異なりますが、名刺の取り込み方法には以下の3パターンがあります。

  • OCR:名刺スキャナまたはスマホカメラで名刺情報をスキャンする
  • オペレーター:オペレーターが名刺情報を手入力する。
  • OCR+オペレーター:OCRでデータ登録後、オペレーターが情報を修正・補完する。

OCRは早く手軽に名刺情報を登録でき、オペレーターは確実に正確な情報を入力してくれるのが特徴です。オペレーター入力の場合は、枚数制限や料金、反映に要する時間がサービスによって異なることに注意しましょう。

名刺のデザインには、背景色や文字色、フォント、イラスト入り、顔写真入りなど、特に決まったフォーマットがないため、OCR処理の精度を100%保証することは困難です。あまりにも頻繁に手動修正が必要だと業務効率にも影響します。

導入初期に登録する名刺が大量にある場合は、スマホで1枚ずつスキャンするのは大変なため、複数まとめてスキャニングできる専用スキャナか、オペレーターによる一括入稿代行サービスを利用すると良いでしょう。

2. 操作性・見やすさ

名刺管理は、部署や役職を越えて多くの社員が関わる業務ではないでしょうか。見やすさ・使いやすさといった操作性は入念にチェックしておきましょう。

名刺の保管・整理にかかる手間や時間をカットして、本業の生産性を高めることが、名刺管理ソフトを利用する目的の1つであるため、使いにくいと感じる社員がいるようであれば、せっかく導入してもなかなか定着しません。

実際に使用してみないとわからない部分もあるため、もし無料プランやトライアル期間があれば、名刺データ化の精度確認とも合わせて、一通りの使い勝手を確認しておくといいでしょう。

3. 価格・料金体系

名刺管理ソフトの導入・運用コストは、名刺の登録枚数やユーザー数で価格が変動する従量課金制、全社を対象とした利用者無制限の定額制、利用可能機能によって複数のプランが用意されているものなど、サービスによって料金体系や価格の幅に違いがあります。

最初は営業部門だけのスモールスタートであっても、定着が進めば導入範囲が拡大していくケースも多いです。導入初期だけでなく将来的な利用人数まで加味して、料金体系の比較を行いましょう。

4. セキュリティ対策・個人情報保護

名刺情報やそれに付随する人物や企業のデータは、自社の大切な資産であると同時に、機密情報そのものでもあります。ネットワークセキュリティに穴ができたり、オペレーターから機密情報が漏れたりするリスクはゼロではありません。

  • 技術的対策:通信の暗号化、データの強制削除、ウイルス対策
  • 監視体制:ユーザー管理、アクセス制御、操作ログ、脆弱性診断
  • オペレーター:プライバシーマークの取得、個人情報保護士資格の取得義務、セキュリティ教育

物理的なセキュリティ強化については搭載機能から確認することができますが、さらに各社サービスのセキュリティ対策への取り組みも知っておいた方が安心です。公式サイトで確認しておきましょう。

名刺管理ソフトの機能一覧

名刺管理ツールに搭載されている代表的な機能一覧をまとめています。※機能名称や内容は製品によって異なることがあります。

名刺情報の一元管理

  • OCR機能(名刺スキャン):名刺スキャナーまたはスマホアプリのカメラで名刺情報をスキャンし、テキストデータ化する。
  • オペレーター入力代行:オペレータが名刺情報をテキストデータとして直接入力する。
  • 名刺情報更新:人事異動、会社の所在地の変更など名刺情報が最新の状態に自動更新される。
  • 名刺項目分類設定:社名や役職、所在地といった項目で人物を分類できる。
  • グループ・フォルダ設定:名刺情報の任意の項目やタグ付けによってグループ・フォルダ分けをすることができる。
  • 外部データインポート:外部ツール・サービスで管理している名刺データをインポートできる。
  • データエクスポート:ツール内の名刺情報をエクスポートできる。
  • 情報検索機能:名刺情報を元に、項目やキーワードで名刺を検索することができる。

顧客管理・マーケティング

  • CRM / SFAやMAツールとの連携:社内データを統合し、顧客データの精度や部門間の連携力を高める。
  • SNS連携:SNSと連携することで、企業の動きや担当者の近況を知ることができる。
  • メール連携・メッセージ機能:名刺交換をした相手や同僚とコミュニケーションを取ることができる。
  • 組織ツリー:企業・部門・役職などの情報をもとに、企業の組織図が可視化される。
  • 人脈の可視化:名刺交換や接触履歴から、社内の人脈(外部との繋がり)が把握できる。

セキュリティ対策

  • ユーザー管理・アクセス権限機能:管理者ユーザーの管理、ユーザーごとのアクセス権限設定を行える。
  • ログ・CSV出力管理:操作ログやCSV出力履歴を管理できる。
  • デバイス制限:アクセスできるデバイスを制限できる。
  • ファイル暗号化:アップロードしたファイルを暗号化することで、情報漏えいを防ぐ。
  • ウイルス対策:外部からのウイルス攻撃への対策がされている。
  • ワンタイムパスワード・二段階認証:ログイン時、ワンタイムコードを発行し、アカウント保持者に送付・要求することで、第三者の不正ログインを防止できる。
  • IPアドレス制限:ソフトにアクセスできるIPアドレスを制限できる。
  • パスワード設定:ソフトを利用するユーザーごとに、個別のパスワードを設定できる。

まとめ|名刺管理でビジネスチャンスの創出を

近年の名刺管理ソフトは、人物情報を軸とした情報管理の拡張性が高く、他の業務システムや外部情報サービスとの連携により、さまざまな活用法が可能です。製品特有の強みや特性を見極めて、自社に適したツールを選定・運用することで、名刺管理の効率化やペーパーレス化に留まらず、さまざまなソリューションやビジネスチャンスを生み出すことができるでしょう。

しかしその反対に、「自社が名刺管理ツールに求める機能」と「名刺管理ツールが提供する機能」が合致していなければ、導入しても課題解決に繋がらず、費用対効果もマイナスになってしまう可能性があります。

自社が名刺管理に求めるものや解決すべき業務課題から、機能やサービスの要件を洗い出し、本記事で紹介した比較ポイントを参考にしながら、自社に最適な名刺管理ソフトをご検討ください。

注目度の高いサービス
logo
GRIDY 名刺CRM
ナレッジスイート株式会社
無料期間あり
資料ダウンロード
logo
Eight
Sansan株式会社
4.4
無料期間あり
詳細を見る
logo
Sansan
Sansan株式会社
4.3
無料期間あり
詳細を見る
サービスを自身で比較する
1サービスの資料をダウンロードします
リストの製品を資料請求する
商品をカートに入れたのに購入に至らず離脱する「カゴ落ち」の原因分析や離脱防止対策を行うツールです。
Webサイト上でチャットツールなどを用いて行うコミュニケーションなどの接客を支援するシステムです。
企業が社内で使用するサービスを連携させる統合プラットフォームシステムで、業務効率化に貢献します。
組織内に蓄積されるさまざまなデータを収集・分析・可視化するツールです。経営上の意思決定に役立ちます。
自社が出店する複数ECモールの運営管理を一元化するシステムです。在庫管理や商品登録を効率化します。
オウンドメディアの運用支援・施策代行サービスです。戦略立案・SEOコンサル・記事制作などにも対応します。