【2023】会計ソフトを徹底比較!機能や価格・選び方を解説


会計ソフトは、企業や個人事業主が行うべき会計業務を効率化するツールです。会計における定型的な処理を自動化し、手入力項目を最小限に抑えることで、経理担当者の業務負担とミスを削減することができます。

業界や企業規模など各ソフトが対象とするユーザー層によって、搭載機能やカバーできる業務範囲は異なりますが、一般的には下記のような機能を利用できます。

  • 仕訳帳、総勘定元帳、ほか各種帳簿の作成・自動転記
  • 勘定科目の自動提案・カスタマイズ
  • 取引データの集計・レポート作成
  • 決算書の自動作成や申告手続き

以下、会計ソフトについて、それぞれの特徴や機能、料金プラン、導入レビューを紹介します。製品の選定に際して、基本機能や導入メリット、選び方などの詳細を確認したい方は、選定ガイドをご参考ください。

会計ソフトで注目のサービス
logo
クラウド会計freee
freee株式会社
4.2
無料期間あり
詳細を見る
logo
マネーフォワード クラウド会計
株式会社マネーフォワード
4.3
無料期間あり
詳細を見る
logo
弥生会計
弥生株式会社
4.3
詳細を見る

会計ソフトの比較・レビュー

人気条件
絞り込み条件を追加する
1〜5件を表示/全27
並び順:
logo
会計ソフト
無料期間あり
注目サービス

クラウド会計freee

freee株式会社
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
302人が「利用した」しています。
freeeは、freee株式会社が提供する会計ソフトです。ERP型会計ソフトのため、経理にかかわるあらゆる業務をオールインで効率化することが可能で「自動で経理機能」なら入力作業自体が不要になるなどの機能もあります。経営状況を確認するための資金繰り表を自動作成したり、集計レポートなどですぐに数字を確認することができます。また、税理士との連携も簡単で、コメント機能で確認部分などのやり取りをすることができ、全国に7,900を超えるfreeeに強い税理士の紹介機能が用意されています。

特長

  1. 経理を「自動化」し業務全体を効率化できる機能
  2. 経営状況をリアルタイムで確認でき、経営改善に取り組むことができる
  3. 税理士とのコミュニケーションも円滑に

プラン・価格

  1. 初期費用
    0円
  2. ミニマム
    2,380円/月額
など
logo
会計ソフト
無料期間あり
注目サービス

マネーフォワード クラウド会計

株式会社マネーフォワード
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
135人が「利用した」しています。
マネーフォワードクラウド会計は、株式会社マネーフォワードが提供する会計ソフトです。クラウド上で会計帳簿の作成ができ、銀行口座やクレジットカードなど2,000以上の金融関連サービスと連携。会計帳簿、決算書、確定申告書などの自動作成が可能な上に、勘定科目を人工知能(AI)を元に自動で提案、仕分の効率化を図ります。企業規模・業種・状況(IPOなど)に応じたプラン設定を備えているため、より効果的な内部統制を図ることができます。

特長

  1. 銀行口座やクレジットカードなど2,000以上の金融関連サービスと連携
  2. 勘定科目を人工知能(AI)を元に自動提案・自動仕分
  3. 企業規模・業種・状況(IPOなど)に応じたプラン設定

プラン・価格

  1. 初期費用
    0円
  2. スモールビジネスプラン
    3,980円/月額
など
logo
会計ソフト
注目サービス

弥生会計

弥生株式会社
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
128人が「利用した」しています。
弥生会計は、弥生株式会社が提供する会計ソフトです。「簡単で誰でも使える設計」を追求し、連続21年売上No1、登録ユーザー数200万を突破、日本中から選ばれ続けている信頼と実績のあるソフトです。別途有料のあんしん保守サポート(年間保守契約)に加入することで最新版が無償提供されるなど、購入後も長く使えるサービスが用意されています。経理業務担当者の2人に1人が弥生会計を利用し、2020年で全国10,000以上の会計事務所から推奨されています。

特長

  1. 連続21年売上No1、登録ユーザー数200万人突破の実績
  2. 継続率90%の「あんしん保守サポート」で業務支援サービスも
  3. 全国10,000以上の会計事務所からの推奨

プラン・価格

  1. スタンダード
    27,200円/買切
  2. プロフェッショナル
    77,200円/買切
など
logo
会計ソフト
無料期間あり
注目サービス

弥生会計 オンライン

弥生株式会社
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
78人が「利用した」しています。
弥生会計オンラインは、弥生株式会社が提供する会計ソフトです。連続21年売上No1、登録ユーザー数200万を突破、選ばれ続けている会計ソフトのクラウド版です。テレワーク対応や、Mac端末での利用も可能。パッケージ版の弥生会計と同様に、簿記や会計の知識がなくても利用できること、そして取引データの自動取込や自動仕分けによる業務効率化を図ることができます。充実のサポートサービスで製品操作が不安、業務が苦手な方も安心して利用できます。

特長

  1. 実績のある会計ソフトがMacでも利用できる
  2. クラウド版ならではの取引データ連携
  3. 700名以上のサポート体制・顧客満足度は92%超え

プラン・価格

  1. 初期費用
    0円
  2. セルフプラン
    26,000円/年額
など
logo
会計ソフト
無料期間あり
注目サービス

会計王

ソリマチ株式会社
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
12人が「利用した」しています。
会計王は、ソリマチ株式会社が提供する会計ソフトです。業種を選ぶだけで勘定科目が自動で設定でき、最新のフィンテック技術でAIが自動仕訳を行います。日々の仕訳は自動的に転記・集計され、決算書も自動で作成ができ、簿記や帳簿に不慣れな初心者でも簡単に利用ができます。豊富な集計・分析機能で経営状況を可視化し、資金繰りもスムーズに管理。約82%のユーザーが加入する年間有料保守サービスで、万全なサポート体制を実現させ、令改正などを気にせず安心して製品を継続利用が可能です。

特長

  1. 初心者でも安心、最新フィンテック技術を搭載
  2. 豊富な集計・分析機能で経営状況を可視化
  3. 利用率82%、年間サポート16万件以上の有料サポートサービス

プラン・価格

  1. 初期費用
    40,000円/買切
  2. バリューサポート
    30,000円/年額
など

会計ソフトの選定ガイド


請求書や領収書の処理、帳簿付け、レポート発行など、日々の会計業務の負担は非常に大きなものです。

業務効率化の助けとなるのが会計ソフトですが、製品の比較検討に入ろうとした際、選択肢の豊富さに驚くことでしょう。古くからある会計ソフトは、他のITツールに比べてパッケージソフトの需要が根強く、その一方でクラウド型サービスも次々と登場しています。

「エクセル管理では帳簿付けが追いつかなくなった」
「自計化して社内の財務状況を把握したい」
「口座の入出金の手間を軽減したい」

現状の会計業務に何らかの課題を抱え、会計ソフトの新規導入や既存ソフトからの乗り換えを検討するものの、製品選びに苦労している方も多いのではないでしょうか。

本記事では、会計ソフトの選定時に何を重視すればよいか、選び方や比較のポイントを解説しています。また、現在の会計ソフトが解決できること、機能説明を交えた導入メリットも解説していますのでぜひご参照ください。

会計ソフトとは

会計ソフトとは、入金出金管理、取引入力、帳簿作成など日々の会計処理から決算書作成まで、一連の会計業務を半自動化・簡易化できるツールです。(>>会計処理とは?

記帳したデータの各種管理表への同期、伝票作成のテンプレート、支払い管理や振込ファイルの自動作成など、会計業務の多くを効率的に行える機能が備わっています。

従来の紙やエクセルの会計管理では、入出金、売掛、買掛、振替などを各伝票に記載し、それを仕訳帳や総勘定元帳へ転記するといった作業が必要になります。この場合、データ再入力の余計なリソースがかかる上、一定水準以上の簿記知識を持った人でなければ担当できませんでした。

会計ソフトを活用すると、入力情報がシステム上で一元管理され、帳簿ごとの再入力や転記の手間がなく、人為的ミスを防ぐことが可能です。また、会計・簿記に関する専門知識や経験が乏しい担当者でも利用できるように、簿記知識を補完する入力アシストやチュートリアル付きの会計ソフトが増えてきています。

中には、勘定科目の仕訳ルールを学んだり、取引先の請求書データの中から不正や不具合の可能性があるデータを抽出してアラートを出したり、といった機械学習を搭載しているソフトもあります。

こちらの記事をチェック

会計ソフトの選び方・比較のポイント

会計ソフトの大きな役割は「会計業務の効率化」です。しかし、製品によって対象ユーザー(企業規模や業種、取引の種類、担当者など)や注力している機能が異なるため、自社の会計業務に適したソフトを選択しなければ、かえって業務効率が下がり、導入前の業務コストを上回ってしまうことも起こり得ます。

会計ソフトの比較検討を行う際には、自社の決算書作成に必要となる帳簿や管理項目から機能要件を洗い出し、詳細を比較していくといいでしょう。

そのほか、比較検討時にチェックしておくべき製品仕様は下記2点です。

  1. 導入形態|クラウド型・パッケージ型・オンプレミス型
  2. 操作性|担当者の会計・簿記の知見に合っているか

1. 導入形態|クラウド型・パッケージ型・オンプレミス型

会計ソフトの導入形態には、主に以下3パターンに分けられます。

  • パッケージソフト型:PCに会計ソフトをインストールして利用する
  • クラウド型:オンライン上に提供される会計ソフトにアクセスして利用する
  • オンプレミス型:サーバーやネットワークも含めて、会計システムを自社で一括所有する

オンライン環境下での利便性から、あらゆるITツールの主流がクラウド型となりつつある中、古くからユーザーのいる会計ソフトは、依然としてパッケージソフトの需要が高いと言われています。

オンプレミス型は、機能のカスタマイズに融通が利きやすく、ネットワークセキュリティも強固なのが特徴で、大手企業や官公庁で導入されることが多いです。

パッケージソフト型の特徴
  • インターネット環境や通信速度に依存せずに、ソフトの利用やデータの管理が行える。
  • 一度購入すると月額料金がかからない。※バージョンアップやオプション追加を除く。
  • 画面のカスタマイズの自由度が高く、複雑な処理や入力に対応しやすい。
クラウド型の特徴
  • 初期導入費が不要で、継続的に月額利用料金がかかる。
  • インターネット環境とがあれば、場所、時間、デバイスを問わず利用できる。
  • 誰でも簡単に利用できるように設計されていることが多い。

2. 操作性|担当者の会計・簿記の知見に合っているか

日々の業務で使用する会計ソフトにおいて、使いやすさ・見やすさは重要な選定要素です。

一般的に、初心者や経験の浅い経理担当者でも利用しやすいように設計された会計ソフトは、操作画面が非常にシンプルでチュートリアルや自動補正機能などが豊富です。しかし、簿記知識がある人にとっては、自分で自由に操作できるところが少ないと使いにくく感じることもあります。

会計ソフトを社内の誰が使う可能性があるのか、担当者の簿記や会計に対する知見や経験はどれほどのレベルかを十分に把握しておくことが重要です。デモ版やトライアル期間を利用できるのであれば、実際の使い勝手を担当者本人が確かめておくことを推奨します。

会計ソフトの導入メリット

会計ソフトは、会計・簿記のルールに基づいて、最低限の入力情報から帳簿付けのプロセスを進め、可能な限りの業務自動化を行なってくれます。

取引先や取引金額が少ない企業や個人事業主であっても、担当者のレベルに合った会計ソフトを導入することで、会計業務を効率化することが可能です。具体的には、導入企業や経理担当者は次のような導入メリットを得られます。

  1. 会計業務の効率化
  2. 計算ミスや不正会計の抑止
  3. 自計化による経営改善
  4. 税制改正へのスムーズな対応

会計業務の効率化

会計ソフトの一番の強みは、「専門知識がなくても帳簿付けを早く正確に行える」ことでしょう。企業会計においては、決算報告を行うために必要な各種帳簿の作成が業務のほとんどを占めます。

会計ソフトでは、一つひとつの取引データがソフト内で集計され、日々の仕訳入力だけで総勘定元帳、現金出納帳や売掛帳、損益計算書や貸借対照表まで自動的に作成されます。手書きやエクセルのような、仕訳帳から総勘定元帳、各種関連帳簿に取引を転記する手間はありません。

複雑な転記ルールや計算もシステム化されているため、仕訳の基本操作ができる人がいれば、転記の知識はなくても帳簿付けの実施が可能です。これまで会計業務にかかっていた人件費を削減し、そのリソースを他のコア業務に割り当てることで、経理部門の生産性向上が期待できるでしょう。

2. 計算ミスや不正会計の抑止

会計処理における自動化できる集計や入力項目の同期は、全て会計ソフトのシステム上で実施されます。手入力項目を最小限に抑えられることで人為的エラーが減少するでしょう。数値に何らかの矛盾が生じた場合はアラートメッセージが表示され、その場で原因特定ができます。

また、取引伝票から各種帳簿への自動転記は不正会計の抑止にも繋がります。万が一、帳簿間の矛盾を消すような数値の書き換えが行われても入力履歴が残るため、データ改ざんを行うことは容易ではありません。

3. 自計化による経営改善

会計ソフトで帳簿管理を行なっていると、お金の出入りをリアルタイムで把握することができます。常に最新の数値で経営状況が見えるため、問題点を早期発見でき経営改善にも繋がるでしょう。

税理士や記帳代行業者に経理業務を委託することで、人的リソースの補完や業務効率化を図ることもできますが、取引が帳簿に反映されるまでに時間を要し、経営状況を見るには月次レポートを待たなければなりません。

会計ソフトは、簿記に関する最低限の基礎知識があれば、簡単な入力操作で取り扱うことができるため、自計化が比較的容易です。設立直後の企業で経理担当者の確保が難しい場合でも、経営者自らが経営状況を確認できます。

こちらの記事をチェック

4. 税制改正へのスムーズな対応

多くの会計ソフトは、毎年の税制改正に応じてシステムのアップデートが行われます。そのため、税制改正のたびに入念に情報を調べ、申告書の様式変更やエクセル計算式修正を自社で行う必要がありません。

会計ソフトの機能一覧

会計ソフトの代表的な機能一覧です。※機能名称や内容は製品によって異なることがあります。

帳簿作成・決算申告

  • 決算申告手続き:簡単なボタン操作で決算書類を自動作成でき、申告手続きもシステム上で行える。
  • 取引明細の自動取得:銀行明細・クレジットカード・ICカードなどの取引明細を自動で取り込める。
  • 勘定科目の自動提案:会社の取引による資産・負債・資本の増減、および費用・収益といった分類項目を提案してくれる。
  • 金融機関連携自動取得:連携を登録した金融機関の利用明細、口座残高を自動で取得できる。
  • レポート集計:登録・更新した取引がデータとして集計・蓄積され、そのデータを元に、収入・支出、買掛・売掛金、仕訳帳などのレポートを自動作成できる。
  • 複数名で同時利用可能:ソフトを複数人で同時に操作し作業を並行して進める事ができる。
  • 消込機能:入金消込作業をソフト上で行える。
  • 振込ファイルの自動作成:振り込み状況を一覧化し管理できる振込ファイルを自動で作成する。
  • 損益分岐点分析:売上高・費用を元に、損益分岐点を明確にできる。

セキュリティ強化・ユーザー管理

  • ユーザー管理・利用権限機能:管理者ユーザーの管理、ユーザーごとのアクセス権限設定を行える。
  • ログ出力:ソフトの操作ログを記録し、出力することができる。
  • デバイス制限:アクセスできるデバイスを制限できる。
  • SSL・AES暗号化:通信を暗号化し、第三者からの不正アクセスを防止する。
  • 二段階認証:ログイン時、ワンタイムコードを発行し、アカウント保持者に送付・要求することで、第三者の不正ログインを防止できる。

その他の便利な機能

  • 簿記知識サポート:ソフトの操作に必要な簿記知識に関するサポートを電話やメール・チャットで受けられる。
  • 多国語・外貨対応:外国語や外貨の領収書・レシート読み込みに対応している。
  • 外部ソフトとの連携:給与計算ソフトや販売管理ソフトと連携可能。
  • データのインポート・エクスポート:他の会計ソフトやExcelデータからのデータインポート及びCSVでのエクスポートに対応している。
  • 電子帳簿保存:領収書などの証憑をデータ化して保存できる。

まとめ

  • 簿記に関する最低限の基礎知識があれば、見積書・請求書・納品書の発行、支払管理や振込ファイルの作成を効率的に行うことができる。
  • 決算書類の作成、各伝票の入力作業を自動化でき、会計業務の負担が大幅に軽減される。
  • 会計ソフトを最新版にアップデートしておけば、改正後の税制に自動対応できる。
  • 給与計算ソフトや販売管理ソフトなどの業務システムと連携させることで、各システムに分散するデータを統合できる。

どの企業も会計業務を必ず行なわなければならないこともあり、会計ソフトは最も利用されているITツールの1つです。

現在は、多くのメーカーからさまざまなタイプの会計ソフトが提供されており、それぞれの製品が持つ特色や得意分野は多岐に渡ります。搭載される機能数が多くなればなるほど費用が高額になり、操作性が複雑になる傾向があるため、製品選定は慎重に行わなければなりません。

あらかじめ、導入目的を明確にした上で、本選定ガイドで紹介した選定ポイントを参考に、自社に最適な会計ソフトをご検討ください。

注目度の高いサービス
logo
クラウド会計freee
freee株式会社
4.2
無料期間あり
詳細を見る
logo
マネーフォワード クラウド会計
株式会社マネーフォワード
4.3
無料期間あり
詳細を見る
logo
弥生会計
弥生株式会社
4.3
詳細を見る
サービスを自身で比較する
申請業務を効率化するシステムです。稟議書や報告書が自動作成でき、申請・承認・決裁処理を電子化します。
Web経由で給与明細を配布・閲覧するシステムです。スマホ連携、書面印刷、メール配信など選択可能です。
オフィス内に設置できる無人のコンビニサービスです。設置した冷蔵庫やケースから、商品を購入できます。
受付業務を自働化するシステムです。訪問者の入館対応や内線電話への取次ぎなどを全てシステムで行います。
労務管理業務を効率化するシステムです。従業員情報や帳簿の一元管理、社会保険の電子申請などができます。
従業員やその家族の安否確認を行えるシステムです。災害時の早期人材確保・事業復旧を実現します。